「上等だぁ!~空道前夜~」

大人気連載漫画 第二部 大道塾設立から空道創設までの20年間を描く話題作!

※当作品は「はみだし空手から空道へ」を原作とし、実際にあったエピソードに基づき制作しています。
実在の人物、団体、事件が描かれますが、諸事情により一部表記を仮称に変更し、また漫画作品としての演出上、架空の人物の登場や大会実況などのフィクション事項の追加を行っておりますことご了承ください。

  原作         

「はみだし空手から空道へ」「はみだし空手から空道へ」
価格 1,680円  福昌堂
ISBN-10: 4892247782
ISBN-13: 978-4892247781

「格闘空手」から総合武道“空道”へ。大道塾の表と裏、初めて語られる真実!武道、プロとアマ、そして空道とは・・・大道塾20年の歩みを振り返りながら東孝塾長の考え・思い・魂を記した一冊。2002年9月発行。

  作画         

島津茂美島津茂美

(主な掲載作品)
デビュー作「世紀末アフロ破壊王ボンバルまん小田」(ヤングマガジン)
代表作「キックの魂」(ヤングキング)

ブログ 島津茂美の書く闘技リングサイド

 
はみだし対談 感想コーナー

連載バックナンバー

第32話
セーム・シュルト連覇によって”北斗旗流出”を許してしまった大道塾日本選手勢に用意された次なる舞台は”世界大会”。
それに伴って初めて”全日本”を冠する北斗旗。世界へ向け日本人選手達の熾烈な戦いが始まる。

第31話第31話
WARS、海外遠征、強化合宿と過酷な稽古を重ねて更なるレベルアップを図る大道塾日本人上位選手達。 そう、全ては奪還のため。再び北斗の舞台へと降臨する怪物、セーム・シュルト。果たして結果は・・・
第30話

第30話
セーム・シュルトの手によって遂に現実となってしまった北斗旗の海外流出。 奪還に向け、始動する強化練習、そしてWARSⅣ。修斗のトップ選手勢との団体戦が組まれた今大会、果たして結果は・・・

第29話第29話
最強の外国人選手、セーム・シュルトの参戦で危ぶまれる北斗旗の海外流出。
山崎進、稲垣拓一ら精鋭が大道塾の、北斗旗選手の、己のプライドのすべてを懸けて怪物に挑む。
第28話

第28話
「WARS III」は終わりを告げた。そして、数々のトラブルが起きる中、
皆は信念を持って道を往く。大道塾が目指すべき道とは――

第27話第27話
「THE WARS III」、それは大道塾にとって踏み込んだことのない領域。グランドを専門とした
相手にマスク不着用で裸体での未知なるルールで挑む選手達!
第26話

第26話
右手負傷、右膝脱臼。その状況でも試合場に上がることをあきらめない酒井修。しかし優勝候補選手のひしめく過酷なブロックで果たして彼に勝機はあるのか!?

第25話第25話
1995年秋、東は立ち遅れた寝技技術に活を入れるべく、新たな挑戦を口にする。一方で開催された北斗旗無差別は、日本人選手同士の主権争いに加え海外勢の台頭により大混戦となっていた。そんな中、満身創痍の状況で勝ち進む一人の選手がいた。(掲載期間終了)
第24話

第24話
長年研究を重ねてきた絞め・関節技が北斗旗ルールに正式導入され、東の理想とする総合的武道スタイルがかたちとなってきた。マスコミの扇動により“何でも有り”の安全性に欠けた格闘技が新たなブームとなる中、大道塾はあくまで「社会体育」の姿勢を貫く信念を抱え怒涛の時代へと突入していくのであった。(掲載期間終了)

第23話

第23話
1993年、大道塾の海外進出が始まった。海外において「武道」がリスペクトされている現実を目の当たりにした東は大道塾もいずれは社会に認められる武道にしようと決意を新たにした。そしてそう遠くない未来に“大道塾による世界大会の開催”を実現することを思うのだった。(掲載期間終了)