遠征レポート ウラジオ 中村

ウラジオストク遠征レポート

 

押忍。御茶ノ水支部の中村です。
9月20日から24日の5日間ロシアのウラジオストクで練習をしてきました。
初めに、心良く許可して頂いた東先生、朝岡支部長、ウラジオストク側との調整をして頂いたコノネンコ先輩、ありがとうございました。

今回の遠征ですが、7月にお茶の水支部の田中先輩と東北本部に練習に行った際、東北本部のメンバーが以前ウラジオストクに遠征をしたという話から、我々も空道最強豪国の練習を見てみたいと思い、コノネンコ先輩にウラジオ側との調整をして頂き決行されたものです。

20日と24日は移動に費やし、21日は道場見学、観光、練習参加、22日も同様、23日は昇段審査の相手を実施しました。
イワノフ支部長が空港や道場までの送迎、観光の案内など終始対応して頂きました。さらに通訳の手配や、最終日はクルーザー船でのお別れパーティーなど至れり尽くせりの対応をして頂きました。


(コーチ陣との夕食からスタート。ウォッカ飲む量を誤魔化してたら「お前はスポーツマンだ」と言われる。田中先輩は「侍」らしい)

自分からは、下記の点を中心にレポートさせて頂きます。
1、練習内容
2、ウラジオの空道熱
3、海外支部との交流

1、練習内容
2日間所謂、選手クラスに参加しました。
彼らの練習を見ていて、
・基本の動きの反復
・空道の独自の練習
に彼らの強さの源であると感じました。

練習に参加する前は、ガチガチに組手をやっているのかと思ってましたがそうではなく、組手の本数はかなり少ないです。
2日中1日しか組手は行わず、それも3本しか実施しませんでした(時間も1.5~2時間です)。
その代わり、反復練習が多く、ランニングから始まり、マット運動、反復練習と続きます。
反復練習の内容も特別なことを実施しているわけでなく、ステップイン→パンチ→ステップバックを繰り返すなど、よくある動きの反復です。
また、パンチを打った後にそのまま道着の背中を持って投げる動きなど、空道特有の動きの練習も実施していました。

反復練習自体はそこまで楽しい練習ではありませんが、つまらないが必要な練習を愚直にやっている姿は見習うべきものがあります。
また日本では、稽古の中で、柔道の練習や柔術の練習を実施することもありますが、それが空道に生きる技術なのかは、見直さなけれななりません。


(練習を終えて)

2、ウラジオの空道熱
少年部で少し技を披露してくれと言われたので、技をレクチャーした後、少年部の子達一緒に練習をしました。
少年部の子達の練習風景や目を見ていると、ウラジオで空道が人気スポーツであるということが良く分かりました。練習が終わった後も、残って筋トレをしたりと凄くモチベーションも高いです。
ウラジオ本部の道場生は450人いるそうです。他の道場でも200人や300人など多くの道場生がいます。
選手達を見ていても、まるで生活の一部の様に練習している姿が印象的でした、選手に空道のことを聞くと「趣味」とか「趣味みたいなもの」と言います。(指導をしている選手もそう言っていたのでニュアンスの違いはあります)

これだけ、空道熱があるのも、空道が国家の競技として認められ、知名度・人気があることが大きいと思います。
知名度の広め方は色々あると思いますが、未だに柔道+空手と説明している日本の現状をみると羨ましいと感じます。
如何に「自分は空道をやってます!」と自信を持って言える環境を作れるか(言えるメンタリティを作るのが先かもしれないが)が、これから課題だと思いました。


(少年部も一生懸命)

3、海外支部との交流
試合だけやってると、相手選手と絶対話さないし、仲良くもしたくなく、若干憎しみさえ持ってしまうわけですか(自分だけか!)、一緒に練習するとすぐに仲良くなれます。空道を通して、各国の人たちと交流できることこそが、空道を学ぶ醍醐味の一つだと思います。
東塾長の海外支部拡大の方法の賜物だと思いますが、世界規模で言えば空道はどんどん競技人口で増えている一方で、良い意味で牧歌的なオープンな雰囲気があります。
多分、トップの選手でなくても、練習したいといえばどこの国でも喜んで受け入れてくれると思います。
我々は空道という強力なコミュニケーションツールを持ってますので、日本の塾生の方達には臆せず(必要な許可を得たうえで)海外支部に遊びに行って欲しいと思います。それこそが、今の時代における「人と結びて友情を体す」ことだと心から思いました。(上手くまとめた!)


(道場見学。酔っ払いみたいな話し方をするコーチ)


(昇段審査。その場で組手の前に全員で体力チェックを実施する。)


(クルーザー船でパーティー。)


(ウォッカ飲んで海に飛び込むと言い出した時は冗談だと思った。)

2017.10.10  [第3回アジア空道選手権大会](及び[2017全日本ジュニア空道選手権大会])を空道発祥の地、仙台市で開催するにあたって。

[第3回アジア空道選手権大会](及び[2017全日本ジュニア空道選手権大会])を空道発祥の地、仙台市で開催するにあたって。

皆さんご承知の通り、空道を創出した[格闘空手 大道塾]は、1981年2月17日に、宮城県仙台市五橋2の3の9、名門五橋中学校の隣(というか裏手に笑)で始まりました。

道場は後援者である、建設機械リース会社、東北リース株式会社の菅野安清 先代社長が、「ちょうど土地が開いてるから」と特別に道場用に立てて頂いた、二階建てで2面の道場と寮生も数人収容できる、当時としては非常に恵まれた施設をお貸し頂いたので、素晴らしいスタートを切ることができたものでした。

※クリックで拡大

処が世の中、良いことがあればそうでないことがあるもので、その後は、当時、道場運営では何事も信頼し相談し[一蓮托生だ]とまで言ってくれていた人の、思いもしなかった離反や指導員、塾生の引き抜き、更には斯界の先輩後輩という人たちからの[あんなものは空手じゃない]とか[世界大会で勝てなかったから、裏切ったんだ]などとの、風評に悩まされたりでヨタヨタしつつ歩んでいました。

そこを支えて頂いたのは、今でも公私共にご指導を頂いている、佐藤節夫 初代理事長(現最高相談役)や、残念ながら今年の2月に逝去された、平塚和彦評議委員長、友人の藤野寿氏や吉川修氏といったで、高校以来の仲間達、といった、まだまだ書ききれない多くの仙台の温かい後援者や仲間でした。

大道塾”宗”本部

その後10年ほどは武道・格闘技ブームとでも呼べるような時代で、次々と新しい団体やイヴェントが始まり、大晦日には戦後、日本人の大晦日を送る鉄板番組と言われていたNHKの「紅白歌合戦」に対抗して、3つもの格闘技番組が放映されるという、異常なブームが続きました。

創成期の稽古風景

処がそれは、草の根的に武道・各次の競技人口が増えて底上げされて来た隆盛というよりは、戦後の長い平和と表裏をなす、フロンティア消滅による行き場のない閉塞感が充満する社会に、刹那的な刺激を与えることができる、しかも制作費などはそれ程掛からないという手軽さに、マスコミが飛びついて作り上げた一時的な興隆でした。

武道・格闘技界がそれを自らが生み出したパワーと勘違いし、本来が人間教育、人材の育成が主であるはずの武道界までもが、ショービジネスに走り出し、ついには飲み込まれて、興行まがいの八百長や実力よりの話題性のあるカードなどを組むために、ついには詐欺まがいのことまでして、社会的信用を失墜させ、次第に衰退へと追い込んで行きました。

しかしながら、そんな中で大道塾は、それらの流れとは一線を引き、「原日本人が多く住む」と思っている土地柄もあり、創設当時の困難や障害等を忘れることなく、着実な歩みを続けました。
本部こそ1986年に東京に移したものの、春の全日本大会は殆どが仙台で開会できました。それらは、地に足を付けた生き方をしている、上記の多くの皆さんのご支援のたまものでした。

大道塾20周年を迎えて、「世界大会を!」という声が上がって来た時には、「打撃だけではなく、組技や寝技も多用されるようになり、空手という名前では、既存の空手団体に迷惑をかけたり、世界的には日本の大きな文化遺産である空手道の混乱を印象付けてしまう]との意味で、[空道]という新しい名称で新たに地平を開い行く決断をし、2001年には「第1回世界空道選手権大会」を開催しました。

社会が安定している裏返しなのですが、新しいものを安易に許容しない日本国内では、中々評価はされにくい面がありましたが、世界の武道家には「打撃だけには限界を感じていた。
しかし、一方、全ての技を認めるのは良いが、肉体的強者の追求だけでは社会から遊離してしまう。
強さと同時に礼儀や人間的成長をも求めるこの空道こそが、我々の求めていたものだ!」と認めていただき、その後の17年間は、世界に多くの支部ができ、現在は世界60数か国に空道を普及し、4年に一度、東京で「世界大会」を開催するまでになっております。

第4回世界空道選手権大会 ポスター

しかしながら、アジア、欧州、南米と言った「大陸大会」や「世界大会」を既に4度開催したとは言うものの、空道を大道塾を育てて頂いた仙台、東北の皆様には、まだ、世界展開の生の姿とでもいうべき「国際大会」を、身近に見て頂いてないことは、ずうと心に引っ掛かっておりました。

今回、来年、2018年の「第5回世界大会」の前哨戦として、大道塾発祥の地、仙台でアジアの強豪10数か国を迎えて、「第3回アジア大会」を開催できることは、心からの喜びと同時に、塾生一同、これまでのご指導、ご支援に感謝の気持ちで、今大会を渾身の力を込めて戦ってくれるものと思います。

この機会に[21世紀の武道]と言われる空道の生の姿を、多くの方々に、ぜひご観戦して頂くために、宮城県、仙台市の塾生はもとより、全東北の塾生が一丸となって、塾生は当然のことながら、一人でも多くの知人友人の方々を会場にお誘いし、空道の現在をご堪能頂くよう、ご協力をお願い申し上げます。

2017.10.04 「名取市スポーツ功績賞」受賞(仙南支部)

仙南支部の塾生が名取市から表彰されました。

10月1日、名取市文化会館において「名取市スポーツ賞授賞式」が行われ、次の者が「名取市スポーツ功績賞」を受賞しました。

田口 洸揮  2016全日本ジュニア選手権大会U16男子60kg級出場
髙橋 諭禾  2016全日本ジュニア選手権大会U13女子54kg級出場

(写真中央は山田名取市長)

 

2017.10.04 「2017全日本空道ジュニア選手権 東北予選」 「2017全東北少年少女空道選手権大会」 の大会の模様と結果が東奥日報(2017年9月26日版)に掲載されました。

「2017全日本空道ジュニア選手権 東北予選」
「2017全東北少年少女空道選手権大会」

の大会の模様と結果が東奥日報(2017年9月26日版)に掲載されました。


↑ クリックして拡大

※「この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を承諾したものです」

 

 

 

2017.10.03 【大会結果レポート】2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会/2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選/第58回 大道塾 西日本地区交流試合

2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会
2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選第
58回 大道塾 西日本地区交流試合・・・レポート