2017.2.13 ワールドカップ試合結果

※詳細は追って掲載いたします。

-230
優勝:コリャン・エドガー(ロシア)
3位:目黒雄太(日本)

-240
優勝:Rauli Tutarauli(ジョージア)
4位:田中洋輔(日本)

-240
優勝:イゴールペルミン(ロシア)
準優勝:清水亮汰(日本)

-260
優勝:アダム カリエフ(ロシア)
3位:加藤和徳(日本)

-270
優勝:Davlat Boltaev(タジキスタン)

270+
優勝:マラット アリスカーコブ(ロシア)
準優勝:野村幸汰(日本)

女子
優勝:大谷美結(日本)
準優勝:イワノワ ダリナ(ロシア)

2017.2.10 塩釜支部ジュニアの選手達が塩釜体育協会よりスポーツ賞を受賞

平成29年1月5日
塩釜支部 少年部在籍の3名が塩釜市長を表敬訪問しました。 今年で3度目となりますが、市長からは大会の様子や日頃の稽古について質問があり、その様子が「塩釜広報誌」に掲載されました。

↑向かって左より
酒井優太(玉川中2年)・2016全日本空道ジュニア選手権 U16男子50kg以上60㎏未満 優勝
佐藤 昭 塩釜市長
遠藤春翔(七ヶ浜中3年)・2016全日本空道ジュニア選手権 U16男子50㎏未満 優勝
酒井晃希(玉川小4年)・2016全日本空道ジュニア選手権 U11男子34㎏以上44㎏未満 優勝

平成29年2月4日
塩釜市及び塩釜体育協会から優秀者に各賞が贈られ、4名が表彰されました。 (於 塩釜ホテルグランドパレス)

【受賞内容】
酒井晃希(玉川小4年) 2016全日本空道ジュニア選手権 U11男子34㎏以上44㎏未満 優勝
*塩竈市武道大賞
*平成28年塩竈市スポーツ賞
*功績賞

伊藤亮汰(塩釜三小6年) 2016空道大道塾陽北ジュニア選手権 U13男子44㎏以上54㎏未満 準優勝
*功績賞

酒井優太(玉川中2年) 2016全日本空道ジュニア選手権 U16男子50kg以上60㎏未満 優勝
*平成28年塩竈市スポーツ賞
*功績賞

遠藤春翔(七ヶ浜中3年) 2016全日本空道ジュニア選手権 U16男子50㎏未満 優勝
*平成28年塩竈市スポーツ賞
*功績賞

↑向かって左より
酒井優太(玉川中2年) ・ 酒井晃希(玉川小4年) ・ 佐藤 昭 塩釜市長 ・ 遠藤春翔(七ヶ浜中3年) 伊藤亮汰(塩釜三小6年)
↑前列向かって左より
遠藤春翔(七ヶ浜中3年) ・ 酒井晃希(玉川小4年)  ・ 酒井優太(玉川中2年)

2017.2.8 第2回空道ワールドカップ特集ページ開設 日本選手に応援メッセージを送ろう!

2月10日~12日の間、第2回空道ワールドカップがインドで開催されます。
それに伴って、特設ページを開設いたしました。

第2回空道ワールドカップ特設ページ

特設ページ内に簡易的な掲示板を設置いたしましたので、 是非、日本選手団に応援メッセージを投稿しましょう!
選手の皆さんも掲示板を見ていますので、奮ってご参加ください。あなたのメッセージがきっと大きな励みになるはず!

日本選手応援掲示板

2017.2.7 長岡支部の2名が(公財)長岡市スポーツ協会の奨励賞を受賞

平成29年1月31日(火)
(公財)長岡市スポーツ協会主催の表彰式に於いて、長岡支部の2名が 【奨励賞】(平成27年11月1日~平成28年10月31日の期間内に行われた大会で優秀な成績を収めた選手へ贈呈される)を受賞しました。

土田宗汰:第20回新潟県空道選手権大会 U11・13 43㎏未満混合の部 優勝

目黒雄太:2015北斗旗全日本空道無差別選手権大会 準優勝
2016北斗旗全日本空道体力別選手権大会-230クラス 優勝

長岡市空道協会会長 遠藤 英(長岡支部長)のコメント
様々な競技の優秀選手がいる中、壇上に空道の選手である目黒雄太がいることを関係者として誇らしく感じました。(土田宋汰選手は本人の通っている刈谷田中学校で表彰されました。)これからも、空道の文字が沢山の人の目に入るよう活動していく所存です。

2017.1.23 加藤久輝選手の最新試合結果について

1月21日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス ザ・フォーラムにて開催された無着衣総合格闘技(いわゆるMMA)の大会「ベラトール170」において、 加藤久輝選手(大道塾安城同好会所属、MMAにかんしては総合格闘技ジムALIVEの所属選手として出場)が、ハレック・グレイシー選手と5分3ラウンドの試合を行い、判定勝利を収めました。
内容は、加藤選手が打撃で圧倒し、グレイシー選手の寝技を凌いでの完勝。
ハレック・グレイシー選手が「グレイシー柔術」の創始者エリオ・グレイシーさんの孫、初期UFC王者ホイス・グレイシーさんの甥、桜庭和志選手らに勝利しMMA無敗…
というキャリアの持ち主ゆえ、話題を集めたとのこと。

※本来、空道・大道塾のオフィシャルHPにおいては、国際(および全日本)空道連盟所属選手の空道以外の格闘技・武道における試合結果に言及しませんが「連盟所属選手が、文化的な活動において称賛すべき成果を上げた場合は、空道外の活動でもオフィシャルHPにおいて公式に紹介する」という原則にもとづいて、紹介いたしました。

©Copyright 2019 DAIDOJUKU All Rights Reserved.