審査の手引き

下記の事項は塾生証に記載されています。内容について不明の点は所属支部の責任者・指導員までお問い合わせください。

帯の最低年齢

 紫帯
(10・9)
青帯
(8・7)
黄帯
(6・5)
緑帯
(4・3)
茶帯
(2・1)
黒帯弐段以上
少年部5歳以上6歳以上7歳以上8歳以上9歳以上10歳以上12歳以上
一般部
(ルール)
13歳以上14歳以上15歳以上16歳以上17歳以上18歳以上20歳以上

一般的な最初の級

少年部年齢5歳以上6歳7歳8歳9歳以上
10級10級10・9・89・8・7 
一般部年齢14歳以上15歳16歳17歳以上
10級10・9・89・8・7 

審査受験に際しては下記の規定日数と体力チェックおよびサマーキャンプ参加(※)が必要です。
※茶帯までに1回、黒帯受験までに計2回

このページの上に戻る

規定日数

次の級を受験するまでの稽古規定日数は次の通りです。(級・段を受ける審査日の一週間前までの日数でカウント。)

10~987654321初段
帯の色      
総日数15~2020~2520202020205060

※飛び級は上記日数より1級につき20日間短縮できます。(1級、初段への飛び級は例外)

※昇段は、初段が稽古日数250回以上(他の武道・格闘技経験者は軽減措置有り) 。その後は、弐段受験に2年、参段受験に3年、四段受験に4年以上というように受ける段数と同数の年月が必要。

このページの上に戻る

体力チェックの回数

審査受験にあたり、拳立て、ジャンピングスクワットの回数をチェックします。また一般部はそれらに加え、ベンチプレスとバーベルスクワットの重量の申請が必要です。

このページの上に戻る

体力チェックの回数(少年部)
 昇段
拳立て20253035404550
スクワット100110120130140150200

このページの上に戻る

体力チェックの回数(一般・ビジネスマン)
 一般ビジネスマン
拳立て100号令のうち合計70回以上50回以上
ジャンピングスクワット100号令のうち合計70回以上50回以上

※1回のみ休止が認められます。

このページの上に戻る

ベンチプレス/スクワット

(単位 kg)
 体重
50kg台60kg台70kg台80kg台90kg台100kg台
黒帯80 ⁄ 11085 ⁄ 12090 ⁄ 13095 ⁄ 140100 ⁄ 150105 ⁄ 160
茶帯(1・2級)75 ⁄ 10580 ⁄ 11085 ⁄ 12090 ⁄ 13095 ⁄ 140100 ⁄ 150
緑帯(3・4級)70 ⁄ 10075 ⁄ 10580 ⁄ 11085 ⁄ 12090 ⁄ 13095 ⁄ 140
黄帯(5・6級)65 ⁄ 9570 ⁄ 10075 ⁄ 10580 ⁄ 11085 ⁄ 12090 ⁄ 130
青帯(7・8・9級)60 ⁄ 9065 ⁄ 9570 ⁄ 10075 ⁄ 10580 ⁄ 11085 ⁄ 115
紫帯(10級)55 ⁄ 8560 ⁄ 9065 ⁄ 9570 ⁄ 10075 ⁄ 10580 ⁄ 110
白帯(無級)50 ⁄ 8055 ⁄ 8560 ⁄ 9065 ⁄ 9570 ⁄ 10075 ⁄ 105

その他

茶帯までに1回、黒帯受験までにさらに1回(計2回)のサマーキャンプ参加が必須となります。