《埼玉、東京、茨城、神奈川、宮城》ワンマッチ交流戦大会レポート

2017/10《埼玉、東京、茨城、神奈川、宮城》ワンマッチ交流戦レポート

2017年10月22日(日)  岩槻文化公園柔道場

 

10/22(日)、岩槻文化公園柔道場において、年三回恒例のワンマッチ交流戦が行われました。

台風襲来にも負けずに集まっていただけたファイターは全41名。参加道場数としては13と過去最大規模になりました。

試合数25は史上二番目。多くの皆様からのご協力を得て、いつも大会が開催できていることを大変ありがたく思います。感謝いたします。

 

それではまず総評的に三点ほど。

・草加支部から少年部の参加が9名。先の関東交流大会で中村亜叶夢選手が優勝して盛り上がっているのでしょうか? 熱気が感じられました。

・個人でのベストファイター賞の受賞こそなかったものの、最優秀支部賞があるなら日立支部が受賞したことでしょう。4戦全勝の好成績でした。参加全員が黄帯以下。これから皆で頑張り、個人としてはもっと上の帯を、支部全体としてはもっと上のステージを目指していって欲しいものです。

・宮城県から参戦した東北チームも5戦全勝。さすが、わざわざ遠くから来られるだけあって、皆、気合いの入ったファイト振りでした。

 

以下、目立った試合に関し、順不同で。

・熊谷(早稲田)vs. 戸田(登米)

熊谷選手、体重差16kg、身体指数差は19もの相手に真っ向勝負で好試合を展開。敗れはしたもののベストファイター賞を受賞。

 

・ターニャ(早稲田)vs. 戸田(登米)

掴みありのフルコンカラテ出身のターニャ選手。ハイキックにはさすがの切れを見せ、また柔道9年の戸田選手に組負けないでほとんど投げを許さず、逆に掴んでのパンチであわや「効果」の見せ場を作る。 が、残念ながら顔面パンチのディフェンスはまだまだ難あり。「効果」を奪われ、敗戦。

反対に戸田選手は、格下2人の健闘に手を焼きながらもキッチリと二勝を挙げたのはさすが(ベストファイター賞受賞)。まだ打撃と柔道をそれぞれ個別にやっている感があるので、そこの繋ぎをもっと考えて練習するとまだまだ伸びそう。

 

・関川(日立)vs. 小林(大宮西)

関川選手の方から望んで成立したこのカード。小林選手の方が14kg重かったが、さすがに対策はキッチリと練ってきたようで、、。明確なポイントこそ奪えなかったが、前蹴りを上手く使って終始自分のペースで試合を進めた関川選手が判定勝利をゲット。

 

・小関(東北)vs. 中村(北本)

私(渡邉)の選ぶ、本日の「ザ ベスト・オブ・ベスト」の試合。21歳=小関選手と43歳=中村選手の対戦。

1R、開始早々に小関選手が得意の左フックを決め「有効」を奪取。その後も若さ溢れるキレッキレの打撃で攻め込む。「2R制の試合だったが、ストップを考えた方が良いか?」と瞬間考えさせられるくらいだったが、中村選手も上手くしのいで決定打を許さない。逆に首相撲からの膝蹴りの連打で「効果」を取り返して 1R終了。

2R目も中村選手がパンチで「効果」を奪ってさらに追い上げるも、その後が続かず、試合終了。ビッグポイントにより小関選手の優勢勝ちが決定。小関選手サイドから見れば、ブラジリアン柔術茶帯の中村選手の寝技をキッチリと完封して見せたのは見事。 両者ともにベストファイター賞を受賞。

 

・糸永(草加)vs. 大倉(大宮西)

トリッキーな動きが持ち味の大倉選手、元全日本シニア王者を相手にバックハンドで「効果」を奪い、金星とベストファイター賞獲得。「らしさ」が爆発した試合振りでした。

草加の糸永選手は骨折からの1年ぶりカムバック。相変わらずのシニア離れした動きのキレ、打撃⇔立ち組み⇔寝技間の展開の速さを見せ、その実力に衰えのないことを証明したものの少し試合勘、勝負勘といったものが戻ってなかった感じ(?!)

 

・安東(早稲田)vs. 浅水(川崎)

本戦、パンチで「効果」を収めた安東選手だったが、残念ながら 判定1-0 で旗は上がり切らずに延長へ。気持ちが切れないかと心配されたが、攻勢を強める浅水選手に対して果敢に応戦して、試合を終え「今度こそ」の効果優勢勝ち。初勝利おめでとう(ベストファイター賞受賞)。

浅水選手は今回初参加(※川崎支部全体としても今大会が初参加)。継続参戦を期待します。

 

・高野(日立)vs. 川又(水戸)

身体指数 271 同士の超重量級対決。空道入門前の経験もお互いに伝統派空手の経験者で噛み合う展開に。結果はこのルールに一日の長があった高野の効果優勢勝ち。

川又選手=水戸同好会も今回初参戦。継続参戦を期待します。

 

・中村叶愛(草加)vs. 岸野 柊(草加)

ワンマッチ史上初の中学生女子同士の対戦。 中学生女子で空道を続けている子は、全国を探してもそうそういないかと思われるが、逆に言えばそれだけ「空道が好きだ」ということでしょう。さすがに2人とも「稽古しているなぁ」と感じさせるレベルの好試合を繰り広げてくれました。勝者の岸野選手はベストファイター賞受賞。

「中学女子の数が少ない」ということは別の視点からは「チャンスが大きい」ということでもあります。このまま稽古を続けた2人がいつの日か、北斗旗全日本の舞台で活躍してくれるようになることを望みます。

 

・長江(大宮西)vs. 川上(総本部)

身長差10cm、体重差10kgで身体指数差ゼロという空道ならではのマッチメイクとなったこの試合。

身長で上回る川上選手は離れた間合いで鋭い突き蹴りを飛ばす。が、長江選手はしっかりとディフェンスしつつ、臆せず前へ。組み合いとなると体重に勝る長江選手のペース。肘膝で「効果2」を奪い、激勝。

 

・中川(早稲田)vs. 西岡(御茶ノ水)

西岡選手が重いパンチで「効果3」奪い、タックルでテイクダウン。最後は腕絡みでこの大会唯一の一本勝ちを決め、快勝。

西岡選手は白帯無級。一つ一つの技のレベルには正直まだまだの感はあるものの、トータルとして「御茶ノ水スタイル」とも言うべきMMA空道の闘い方が完成されているのが凄い。朝岡支部長の指導力には脱帽です。

 

そして大変恐縮ながらも苦言を、、、。

「協力をお願いしている身」でこういうことを書くのも本当に心苦しいのですが、ワンマッチ交流戦も回数を重ね、毎回のように選手のレベル、人数が上がっているにも拘わらず、それを裁く審判の技量がついていっていないように思います。主催者サイドから見て、現状、安心して任せられる審判が能登谷支部長しかいない感じです。

ワンマッチは成績よりも経験第一、経験を積み重ねることでの「成長の場」であって欲しいと思っていますが、それは選手のみならず、審判にとっても同様です。

各支部長、指導員の皆様におかれましては、試合に向けて出場選手のトレーニングをサポートするのはもちろん、それと同時に自身も試合に向けて「審判としてのトレーニング」を積んでワンマッチに臨んでいただけるよう、ぜひともよろしくお願いします。「ルールを熟知して、審判の目を養う」ことは、自身が指導者であっても、あるいは選手であっても重要なことであると思います。

また私の方も反省点を一つ。

今回、大勢で盛り上がれたのは嬉しかったですが、でもその分長引いて、恒例の試合後のマススパー祭りができなかったのは非常に残念でした。今後は運営のスピードアップを図るよう努力したいと思います。

さて最後となりましたが、次回は(関東予選の日程次第ではありますが)来年二月、もしくは三月を予定しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。押忍。

 

 

浦和・大宮西・北本支部   支部長:渡邉慎二

2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選 第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート 田中

2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選
第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート

平成29年4月2日、北海道札幌市にて開催されました上記大会について大会総評のお役目を預かりましたので、大会内容をここにご報告させて頂きます。また、今大会を無事終えることができたことを、塾長、事務局各位、北海道地区各支部長、審判団及び関係者各位に厚く御礼申し上げます。

平成29年 4月 吉日
大道塾札幌南支部 田中俊輔

  大会出場者数は43名。北海道地区としてはほぼ例年通りの規模ではあるが、札幌西、札幌南、帯広、紋別及び小樽の北海道内5支部に加え渋谷支部からもエントリーがあるなど、参加する支部数としては近年徐々にではあるが増加の傾向にある。

今大会は北斗旗体力別予選、一般交流試合、シニア交流試合及びジュニア団体戦の4つのカテゴリーで行われた。

北斗旗体力別予選では、王者野村幸汰(札幌西)が予選免除により不在の中、4名の選手が全国への切符を争った。4人総当たり戦の中で、最も空道歴の浅いソムチャ・ヌアナー(札幌西)がムエタイ仕込みの強烈な打撃と地力の強さを武器に2勝。一方ではジュニア上がりの19歳、安富北斗(札幌南)が打投極バランスの良い闘いぶりで3勝を勝ち取り優勝。全日本へ行く選手達には、是非とも来年に迫る世界大会参戦を視野に入れ稽古に励んでもらいたいところである。

激しい打撃戦が多く見られた一般交流試合では、昨年秋に続いて辻航平(札幌西)が高い技術力を見せ優勝。当カテゴリーでは2位の高尾翔空(札幌西)を含め、多くが10~20代の若い選手のエントリーであるだけに、是非今後は投げ寝技等の技術を高め、北斗旗へのステップアップを期待したいところである。

シニア交流試合は中村竜太郎(渋谷)と橘龍太郎(紋別)のワンマッチとなった。柔道有段者である橘の投げを切った中村が、強烈なストレートで橘からダウンを奪い有効優勢勝ち。空道歴15年の貫録ある闘いぶり見せた。

北海道地区では初の試みとなったジュニア団体戦。支部混合で組まれた3つのチームで勝敗を競い合い、最も勝率の高いチームが優勝となる団体戦ルールでは、仲間同士のサポートや試合に挑む責任感などが通常の個人戦以上に意識された。自分一人のためでなく「誰かのため、仲間のために闘う」という気持ちが、いかに自分を強くするか。その違いを幼少期から理解することはとても素晴らしいことである。

大会レポート 2017北斗旗全日本空道体力別選手権関東予選 第63回大道塾関東地区シニア交流試合

2017北斗旗全日本空道体力別選手権関東予選
第63回大道塾関東地区シニア交流試合

大道塾御茶ノ水支部長
朝岡秀樹

 3月5日(日)関東地区予選大会が開催されました。 僭越ながら、大道塾御茶ノ水支部・支部長、朝岡秀樹が、予選及びシニア交流試合全体を通して所感を述べさせて頂きます。

予選-230クラス。前回世界選手権でコリャン・エドガーと熱戦を展開した(本戦でエドガーと谷井に旗2本ずつが上がったが、主審のロシア人がエドガーの勝利を宣告)半年後、大学を卒業、消防隊員となり、訓練で多忙な日々を送ってきた谷井翔太(大道塾横須賀支部)が、次回世界選手権に照準を合わせ、復調の兆しをみせる。54歳にして激しく速いパンチ連打で20歳以上年下の相手を圧倒して決勝に勝ち上がってきた上野正を、持ち前の柔らかい組手で空回りさせ、完勝。この階級、独走状態になりつつある目黒雄太(大道塾長岡支部)にストップをかける存在となるか、期待を感じさせた。

予選-240クラス。25歳の神代雄太(大道塾吉祥寺支部)と、26歳の服部晶洸(大道塾横浜北支部)の決勝は、ジュニア世代から鍛錬を重ねてきて成熟の歳を迎えた者同士の闘いらしく、打撃・投げ・寝技の全局面においてスピードと美しいフォームで満たされた展開となった。これまで、技術の高さを評価されながら、同世代のライバルたちとの直接対決では競り負けてきた神代が、グラウンド状態での下からの打撃でポイントを奪ったことで、遂に優勝。このブレイクスルーを機に、一気に全日本、そして、世界のトップに躍り出るか、楽しみだ。

予選-250クラス。大道塾総本部寮生三羽烏(清水亮汰、岩﨑大河、山崎順也)のうち、実績で後れをとっていた山崎だが、昨年秋の全日本無差別で入賞したのを機に、自信を掴んだようだ。決勝、一昨年全日本優勝、昨年準優勝の加藤智亮(誠真会館東伏見道場)に対し、打撃で渡り合い、組んでは内股で投げ切る。準決勝で加藤に敗れた笹沢一有(大道塾大分支部)も、この日の時点ではスタミナ面で不足の面がみえたが、全日本本戦までには心肺機能向上系のメニューを積み、パフォーマンスをピークにもってくるだろう。

予選―260クラス、予選260+クラス。海外と比べると、やはりエントリー人数が少ない重量級、260+クラスでは、突進ファイトの新人・五十嵐健史(21歳、大道塾高尾支部)と岩﨑大河(19歳)のフレッシュな対決に注目が集まった。幾多のテクニシャンを潰してきた五十嵐の圧力を真っ向から受け止め、岩崎が完勝。

予選女子。ジュニアクラスから昇格した小柳茉生(大道塾新潟支部)が上段の横蹴り、回し蹴りでポイントを重ね、ベテラン勢を撃破。その小柳の間合いを封じ、パンチと下段、組み技で制した東由美子(大道塾総本部)が優勝を決めた。東は、半年前の全日本無差別準優勝時と比べ、バランスを崩さず、中間距離で打ち合いが出来るようになっている。絶対女王となりつつある大谷美結(大道塾札幌西支部)にどこまで肉薄するか?

シニア交流試合。中量級優勝の大坂泰博(大道塾北本支部)の組技、軽重量級優勝の新出勝治(大道塾行徳支部)の打撃の捌きのように、シニアらしい「いぶし銀」の技術がもっとみられるとよいのだが、現状は、試合時間が短いことと、防具で身を守られていることを利用しての、ぶん回し×攻め一辺倒の闘いが大半。今後の高齢化社会において、シニア競技普及の重要性が増すことから考えて、技術寄りの試合展開に導くためのルール改定も必要かと感じた。

2017.10.03 【大会結果レポート】2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会/2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選/第58回 大道塾 西日本地区交流試合

2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会
2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選第
58回 大道塾 西日本地区交流試合・・・レポート

大会レポート 2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会 2017全日本空道ジュニア選手権 西日本予選 第58回大道塾 西日本地区交流試合 

2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会
2017全日本空道ジュニア選手権 西日本予選
第58回 大道塾 西日本地区交流試合

 

2017年9月24日 大阪府岸和田市総合体育館

岸和田支部  支部長 品野 圭司

 

9月24日(日)大阪府岸和田市総合体育館にて、2017秋期空道体力別西日本地区選手権大会・2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選・第58回大道塾西日本地区交流試合 が開催されました。

一般部の西日本大会は、通常の予選ではなく秋に開催されるアジアカップへの出場権をかけた選手のアピールの場でもあり、全日本入賞者・世界大会日本代表選手らが出場する見応えのある試合が多く行われました。それぞれの階級で優勝した軽量級の小芝選手・中量級の川下選手・重量級の渡部選手らは、実力を如何なく発揮してアジアカップでの大活躍を期待させる素晴らしい試合内容でした。

交流試合の空道ルールの部では、あら削りながら若い元気のある闘いが多く観られまし。欲を言えば、大振りのパンチを振り回す等少し雑な場面を今後は修正していけば、将来楽しみな選手も多く観られました。

シニアクラスでは、キャリアのあるベテラン勢が今回は新しいシニア世代を退けての活躍でした。

全日本ジュニア選手権・西日本予選では、勝ち上がる選手はしっかり組み技が出来、他のフルコンタクト空手のジュニア選手では無い、空道のジュニア選手という印象を強く受けました。少しづつではありますが、西日本ジュニアからも全日本ジュニアチャンピオンが誕生する場面も見られる様になってきました。今後の西日本ジュニアの全日本・世界での大活躍を期待させてくれる闘いでした。

 

最後になりますが、今回西日本大会運営にて塾長を始め、事務局の皆さん、西日本の各支部長の皆さんには多大なるご面倒をかけ本当に申し訳ありませんでした。

この場を借りてお詫び申し上げます。

2017.9.22  【大会結果】2017秋期 空道体力別九州・沖縄地区選手権大会・2017 全日本空道ジュニア選手権九州・沖縄予選 49回大道塾九州・沖縄地区各交流試合

2017秋期 空道体力別九州・沖縄地区選手権大会・2017 全日本空道ジュニア選手権九州・沖縄予選
49回大道塾九州・沖縄地区各交流試合・・・結果