2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選 第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート 田中

2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選
第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート

平成29年4月2日、北海道札幌市にて開催されました上記大会について大会総評のお役目を預かりましたので、大会内容をここにご報告させて頂きます。また、今大会を無事終えることができたことを、塾長、事務局各位、北海道地区各支部長、審判団及び関係者各位に厚く御礼申し上げます。

平成29年 4月 吉日
大道塾札幌南支部 田中俊輔

  大会出場者数は43名。北海道地区としてはほぼ例年通りの規模ではあるが、札幌西、札幌南、帯広、紋別及び小樽の北海道内5支部に加え渋谷支部からもエントリーがあるなど、参加する支部数としては近年徐々にではあるが増加の傾向にある。

今大会は北斗旗体力別予選、一般交流試合、シニア交流試合及びジュニア団体戦の4つのカテゴリーで行われた。

北斗旗体力別予選では、王者野村幸汰(札幌西)が予選免除により不在の中、4名の選手が全国への切符を争った。4人総当たり戦の中で、最も空道歴の浅いソムチャ・ヌアナー(札幌西)がムエタイ仕込みの強烈な打撃と地力の強さを武器に2勝。一方ではジュニア上がりの19歳、安富北斗(札幌南)が打投極バランスの良い闘いぶりで3勝を勝ち取り優勝。全日本へ行く選手達には、是非とも来年に迫る世界大会参戦を視野に入れ稽古に励んでもらいたいところである。

激しい打撃戦が多く見られた一般交流試合では、昨年秋に続いて辻航平(札幌西)が高い技術力を見せ優勝。当カテゴリーでは2位の高尾翔空(札幌西)を含め、多くが10~20代の若い選手のエントリーであるだけに、是非今後は投げ寝技等の技術を高め、北斗旗へのステップアップを期待したいところである。

シニア交流試合は中村竜太郎(渋谷)と橘龍太郎(紋別)のワンマッチとなった。柔道有段者である橘の投げを切った中村が、強烈なストレートで橘からダウンを奪い有効優勢勝ち。空道歴15年の貫録ある闘いぶり見せた。

北海道地区では初の試みとなったジュニア団体戦。支部混合で組まれた3つのチームで勝敗を競い合い、最も勝率の高いチームが優勝となる団体戦ルールでは、仲間同士のサポートや試合に挑む責任感などが通常の個人戦以上に意識された。自分一人のためでなく「誰かのため、仲間のために闘う」という気持ちが、いかに自分を強くするか。その違いを幼少期から理解することはとても素晴らしいことである。

大会レポート 2017秋期 空道体力別北海道地区選手権大会 第44回 大道塾北海道地区交流試合

大会レポート 2017秋期 空道体力別北海道地区選手権大会
第44回 大道塾北海道地区交流試合

平成29年 9月 吉日
大道塾札幌南支部 田中俊輔

平成29年9月3日、札幌市東区体育館にて開催されました上記大会について大会総評のお役目を預かりましたので、大会内容をここにご報告させて頂きます。
また、一支部代表と致しましては今秋に第3回アジアカップを、そして来年には第5回世界大会を控えている現実を念頭に置き、さらなる北海道地区空道の拡充、及び選手の育成に今後より一層努めて参りたいと思います。
今大会を無事終えることができたことを、塾長、事務局各位、北海道地区各支部長、審判団及び関係者各位に厚く御礼申し上げます。

今大会出場者数はジュニア、一般合わせて約40名。北海道地区としては例年通りの規模ではあるが、札幌市で開催される大会であるためジュニア、一般ともに札幌市内とその近郊の支部からも新しい選手が多く参戦してきていることがうかがえた。

体力別230・240以下の部では、今春から空道に参戦したソムチャイ・ヌアナー(札幌西)がムエタイ仕込みの力強い打撃力に加え、寝技でも十分な対応力があることを示し、ベテラン宮澤敏彦(札幌南)とのワンマッチ戦に勝利。
これほどまで空道という競技に対応できた本場ムエタイ選手の出現は初めてであるだけに、今後の活躍に期待したいところである。

体力別250・260以下の部では、今春北斗旗で山崎順也(総本部)と接戦を繰り広げた安富北斗(札幌南)が安定感のある試合運びで優勝。
今後、全日本あるいは国際大会において清水亮汰(総本部)らに続くジュニア出身のスーパーファイターとして名乗りを上げられるかに注目が集まっている。

一般交流試合の部では、下は10代から上は40代後半の選手がしのぎを削った。
白帯から緑帯までの比較的参加しやすいカテゴリーではあるが、優勝の松村祥吾(札幌南)はじめ高木健(北広島)、大村裕也(札幌西)などポテンシャルの高い選手の活躍も見られた為、是非今後は北斗旗へのステップアップを目標にしてもらいたいところである。

ジュニア交流試合の部では、小野寺玲奈(帯広)をはじめ今秋の全日本大会を控えた選手も出場したため非常にハイレベルな試合が多く見られた。
現在北海道地区のジュニアにおいては帯広が中心となり地区全体を支えているが、この数年、札幌をはじめ紋別、北広島、小樽からも積極的に大会に出場する選手が増えていることから北海道地区全体の底上げがすでに始まっていることを感じさせられる。

2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選 第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート

2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選

第43回大道塾北海道地区交流試合 レポート

 

北海道西支部支部長
菅原 英文

  四月二日(日)東区体育館格技室にて、2017北斗旗全日本空道体力別選手権予選・第43回大道塾北海道地区交流試合が行われました。 札幌総本部設立22年の節目に相応しい、試合になったと思います。 毎年3月末、4月初旬に札幌で行われる試合、今年度は外遊等に多忙を極める東塾長に代わり、村上師範に足を運んで頂いての開催となりました。

今年は札幌では初の試みとなるジュニア団体戦も行われ、幅広い年齢層の試合を観戦できる機会となりました。 ジュニア最年少の選手は、試合形式ではなく特別ルールで勝敗を決め、グループ全体の二試合と合わせ、計四試合出場。 体力的に厳しく、試合前に泣く場面も見られましたが、いざ試合になると涙は消え、一生懸命取り組む姿が見られました。 その姿に体力以外の精神面が鍛えられていることが伝わり、空道のスピリッツが自然と身に付いている事に、私自身深い喜びを覚えました。

北斗旗、一般交流試合、シニア交流戦は例年と変わらない参加人数でした。 しかしその中でもシニア交流戦(基本の部)、シニア交流戦(空道の部)では欠場選手が出てしまい、試合が出来ず残念に感じております。 残念に感じるのは、試合に出たくとも躊躇う選手も少なからずいるからである。 特にシニアの部に関しては年齢層の幅が広いことも、躊躇いの理由の一つになるだろうと、 観戦している方を見て感じました。 今回の試合は一年前の開催時に比べ、レベルが非常に上がっていると感じました。 この流れで日々鍛錬すれば、おのずと次の大会も楽しみになると思われます。

今大会での一番の見所は、北斗旗の予選であろう。 今回私の道場にいるムエタイ出身の選手との一戦である。 私としては自分の支部にいる選手ついて語る趣味はないが、彼は十三年前スヤンオンイスタジアムの試合を最後に引退している。 しかし空道歴三ヵ月、その期間でルールを完全に把握していないにも関わらず、三戦中二勝したのは大きいと思う。 今彼は来年の体力別選手権に照準を合わせている。その時に今より成長している事を望む。 以前帯広の大会で、他のムエタイ出身の選手と戦った選手は、プロテクターの装着を希望した。怪我等のリスクを考えれば妥当の防御策であり、ムエタイの蹴りは対戦相手にそう思わせるだけある。 が、安富選手は違った。その精神だけでも称賛に値すると思われます。

最後になりましたが、選手をはじめ関係者の皆様、裏方として動いて下さった皆様、ご協力ありがとうございました。特に最後の二試合の主審を務めた、小松支部長に深く御礼を申し上げます。 今後一層空道発展の為、精進致しますので、宜しくお願い致します。 押忍!

更新日 2017.04.12

2017.4.12 【大会レポート】北海道大会のレポートを公開

4月2日(日)に行われた、2017北斗旗全日本空道体力別選手権北海道地区予選・第43回大道塾北海道地区交流試合のレポートを公開いたしました。

北海道西支部 菅原英文支部長による大会レポート

札幌南支部 田中俊輔支部長による大会レポート

大会結果はこちら