2018.8.29    「長岡開府400年記念長岡市民武道祭」レポート

長岡開府400年記念長岡市民武道祭

2018年8月12日(日)  於 : アオーレ長岡

開府300年の記念事業として行われた「武道大競技大会」をもとに、武術(道)をさらに次の100年に継承するため、8月12日(日)にアオーレ長岡にて「長岡開府400年記念長岡市民武道祭」が開催されました。
(公財)長岡市スポーツ協会所属の武道10団体(弓道、合気道、柔道、空道、少林寺拳法、空手道、スポーツチャンバラ、なぎなた、剣道、太極拳)による演武の披露並びに武道体験会が行われましたのでご報告致します。

この事業は、平成29年12月に案が出され、打ち合わせ会議が5回行われ開催されました。持ち時間は、各団体15分ということでタイマーを見ながら何度もリハーサルをして当日を迎えました。

朝7:00に集合して7:40記念写真撮影、最終リハーサル、9:30会場、10:00開会、13:30各10団体による体験会(空道はキックミットを行いました。)という流れで閉会は、15:00でした。

空道は、4番目の出番で開会式が終わった後、すぐにアップ。あっという間に空道の出番です。(空道演武前の他団体演武はほとんど見ることができませんでしたので、後日ケーブルテレビで放送するとのことなので、今はそれを楽しみにしております。)

演武をしている間は、約1500人いたという観客のことも気になりませんでしたが一般部模範試合で盛り上がり、最後に畳を降りるときの背中に感じた拍手はひときわ大きかったように思います。

市内を代表する大きなひとつの会場に10の競技団体が集うという大変貴重な体験でした。

演武内容は以下の通りです。

  • 少年部模範試合・・・スパーリング(藤家慶太郎、永橋心樹)
  • 空道で認められる技の紹介・・・有段者4名による演武
  • ミット練習・・・ジュニア、シニア12名
  • 一般部模範試合・・・目黒雄太、荒井壱成のスパーリング

直前にふくらはぎの肉離れをおこし演武内容を1日前の変更につきあってくれた塾生、何度もリハーサルで負担をかけたご父兄様と出演者、重要な役どころの説明係、自分から名乗りをあげてくれたカメラ係には大変感謝しております。

  • 長岡開府400年記念長岡市民武道祭

主催:長岡市民武道祭実行委員会
長岡市弓道連盟、長岡市柔道会、長岡市剣道連合会、長岡市空手連盟、長岡市少林

寺拳法協会、長岡市なぎなた協会、長岡市合気会、長岡太極拳協会、長岡市空道協

会、長岡市スポーツチャンバラ協会、(公財)長岡市スポーツ協会
共催:(公財)長岡市スポーツ協会、新潟県
後援:長岡市、長岡市教育委員会、長岡開府400年記念実行委員会

長岡支部   支部長 遠藤 英

 

 

2018 北斗旗 全日本空道体力別選手権東北大会及び第54回大道塾東北地区交流大会 レポート

関連記事:試合結果

2018 北斗旗 全日本空道体力別選手権東北大会
及び 第54回 大道塾東北地区交流大会 レポート

大道塾 仙南支部  支部長 佐藤繁樹

 

3月18日、名取市民体育館にて、2018北斗旗空道体力別選手権東北大会及び第54回東北地区交流大会が開催され、U19からシニアクラスまで47名の選手が集い優勝をかけ熱い闘いを繰り広げました。
各クラス熱戦の連続で、特にU19優勝の田口洸揮(仙南)はじめ10代20代の選手達に今後の活躍を期待させる選手が多かったことは今大会の特筆すべきことでした。
ここからは今年11月に開催される第5回世界選手権大会へつながる全日本予選の試合を紹介します。

<女子>ここ数年、常に全日本優勝戦線に立ち続ける今野杏夏(多賀城2015全日本優勝)が磐石の強さで優勝。すでに先の大会を見据えているように感じた。

<男子230以下>はっきりとした新旧世代対決の構図となったこのクラス。19歳小野葉嗣(塩釜)が近田充(多賀城2016全日本準優勝)を延長の末破り決勝に駒を進める。
対する反対ブロックでも阿部宏信(石巻)に18歳星優斗(仙南)が挑むが攻め所を熟知する阿部が一枚上手の試合展開で退け決勝に駒を進めた。
決勝は今大会一番の盛り上がりを見せた試合となり、豊富な経験を活かして相手の一瞬の隙を狙う阿部をスピードとスタミナを活かした闘いを展開する小野が下し優勝を勝ち取ると共に見事世代交代を果たした。

<男子240以下>このクラスは私が選手時、主戦場としていた思い入れのあるクラス。越後暢介(仙台東2018アジア出場)が持ち味の変則スタイルで相手に距離感と攻撃タイミングを狂わせ決勝進出。
反対ブロックからは東北では珍しいアップライトスタイルの國枝厚志(秋田)が危なげない闘いで決勝進出。
興味ある対戦だった決勝戦だが國枝が怪我のため棄権し越後が不戦勝で優勝となった。

<男子240超>リーグ戦となったこのクラスは、藤田隆(秋田2015全日本準優勝)がフィジカルの強さと技術で頭一つ突出し全勝優勝。
勝率2位に3人が1勝1敗で並ぶ混戦となったが一本勝ちで8点を獲得した岡崎匠(仙台中央)が準優勝となった。
全日本選手権の出場権を獲得した選手はすでに動き出していることとは思いますが、その先にある世界選手権を見据え一つでも多く表彰台に日の丸を掲げられるよう残された時間の全てを空道に費やす気で過ごしてほしいと思います。

最後になりましたが、今大会を支えてくださいました役員、審判員、ボランティアスタッフの皆様に感謝申し上げレポートの締めくくりといたします。ありがとうございました。

 

2017.10.04 「名取市スポーツ功績賞」受賞(仙南支部)

仙南支部の塾生が名取市から表彰されました。

10月1日、名取市文化会館において「名取市スポーツ賞授賞式」が行われ、次の者が「名取市スポーツ功績賞」を受賞しました。

田口 洸揮  2016全日本ジュニア選手権大会U16男子60kg級出場
髙橋 諭禾  2016全日本ジュニア選手権大会U13女子54kg級出場

(写真中央は山田名取市長)

 

2017.10.04 「2017全日本空道ジュニア選手権 東北予選」 「2017全東北少年少女空道選手権大会」 の大会の模様と結果が東奥日報(2017年9月26日版)に掲載されました。

「2017全日本空道ジュニア選手権 東北予選」
「2017全東北少年少女空道選手権大会」

の大会の模様と結果が東奥日報(2017年9月26日版)に掲載されました。


↑ クリックして拡大

※「この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を承諾したものです」

 

 

 

大会レポート 2017全日本空道ジュニア選手権東北予選 2017全東北少年少女空道選手権大会

2017 全日本空道ジュニア選手権 東北予選
2017 全東北少年少女空道選手権大会

 

2017年9月24日 三沢・青森市支部  支部長 五十嵐 祐司

 

9月24日に青森県おいらせ町で「2017全東北少年少女空道選手権大会」が開催され無事、大きな事故やケガなく成功裏に終えることができました。

東北各地から124名の選手が参加し最後まで熱戦が繰り広げられました。

同町での「空道ジュニア選手権」は2015年以来2年振り。現在、県内の空道関係者は2025年あおもり国体において同町での「公開競技」実施を目指しており、当日は、おいらせ町長・三村正太郎先生から歓迎の言葉と共に「2025国体参加への全面協力宣言」を頂き、そのほか、日頃よりお世話になっておりますイオングループ・下田タウン(株)の小泉雅敬(まさゆき)社長、連盟最高顧問である佐藤節夫相談役らのご来場、ご祝辞と続き大会全体が引き締まりました。

大会を終え、今回のような規模大会の運営実績は、県に対してのご信用の積み上げに大きく効果があり、引き続き夢の実現に向けて微力ながら進めていきたいと思いました。

東北の関係者みなさまに、改めて感謝、御礼申し上げます。ありがとうございました。