大会レポート 2017全日本空道ジュニア選手権東北予選 2017全東北少年少女空道選手権大会

2017 全日本空道ジュニア選手権 東北予選
2017 全東北少年少女空道選手権大会

 

2017年9月24日 三沢・青森市支部  支部長 五十嵐 祐司

 

9月24日に青森県おいらせ町で「2017全東北少年少女空道選手権大会」が開催され無事、大きな事故やケガなく成功裏に終えることができました。

東北各地から124名の選手が参加し最後まで熱戦が繰り広げられました。

同町での「空道ジュニア選手権」は2015年以来2年振り。現在、県内の空道関係者は2025年あおもり国体において同町での「公開競技」実施を目指しており、当日は、おいらせ町長・三村正太郎先生から歓迎の言葉と共に「2025国体参加への全面協力宣言」を頂き、そのほか、日頃よりお世話になっておりますイオングループ・下田タウン(株)の小泉雅敬(まさゆき)社長、連盟最高顧問である佐藤節夫相談役らのご来場、ご祝辞と続き大会全体が引き締まりました。

大会を終え、今回のような規模大会の運営実績は、県に対してのご信用の積み上げに大きく効果があり、引き続き夢の実現に向けて微力ながら進めていきたいと思いました。

東北の関係者みなさまに、改めて感謝、御礼申し上げます。ありがとうございました。

三沢・青森市支部 五十嵐 祐司支部長による大会レポート

大会結果はこちら

三沢・青森市支部 支部長
五十嵐 祐司

6月25日(日) 三沢市武道館
お陰様で、無事に大きな事故やケガもなく成功裏に終えることが出来ました。2003年に初開催(第1回大会)した、この県大会も途中、中々うまくいかず第2回目を開くまで空白の5年があったりと、やはり定期開催は困難かと思う時期もありましたが、こうして節目となる10回目を迎えることができたのも東先生はじめ関係各位のご指導、ご協力の賜物です。
改めて御礼、感謝申し上げます。

名取市スポーツ祭 第9回仙南杯空道選手権大会(仙南カップ) 大会レポート

大道塾仙南支部 支部長
佐藤繁樹

 6月25日(日)名取市民体育館 選手:103名

 仙南カップは、組手初心者や初めて大会に出場する選手の経験の場として、毎年、6月最終日曜日に開催しています。
また、本大会は名取市体育協会が主催するスポーツイベント「名取市スポーツ祭」の空道競技として行われている大会です。

 仙南カップは体重制、延長戦なし等、いくつかの安全性に配慮した特別ルールがあること、また最低2回は試合ができるので選手の試合経験が積めることで毎年多くの出場者で賑わっています。

 今回も選手103名がエントリーし、園児から中学生まで熱戦が繰り広げられました。
今大会で手応えを感じた選手は、ぜひ7月の宮城県大会に出場し更に上位を目指して挑戦してみてください。
また各選手今大会の結果を日々の稽古に役立ててほしいと思います。

 選手、選手のおうちの皆様、大会関係者の皆様、大変お疲れさまでした。
来年は第10回大会です。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

更新日 2017.06.30

第10回 青森県空道選手権大会レポート

三沢・青森市支部 支部長
五十嵐 祐司

6月25日(日) 三沢市武道館

お陰様で、無事に大きな事故やケガもなく成功裏に終えることが出来ました。

2003年に初開催(第1回大会)した、この県大会も途中、中々うまくいかず第2回目を開くまで空白の5年があったりと、やはり定期開催は困難かと思う時期もありましたが、こうして節目となる10回目を迎えることができたのも東先生はじめ関係各位のご指導、ご協力の賜物です。
改めて御礼、感謝申し上げます。

更新日 2017.07.07

2017.7.7  【大会結果】第10回 青森県空道選手権大会 結果

【大会結果】第10回 青森県空道選手権大会 結果6月25日に三沢市武道館で行われた、第10回青森県空道選手権大会の結果と、三沢・青森市支部 五十嵐 祐司支部長によるレポートを公開いたしました。

第10回 青森県空道選手権大会 結果

三沢・青森市支部 五十嵐 祐司支部長による大会レポート

2017.6.30 【大会結果】名取市スポーツ祭 第9回仙南杯空道選手権大会(仙南カップ) 結果 

【大会結果】名取市スポーツ祭 第9回仙南杯空道選手権大会(仙南カップ) 結果

6月25日に名取市民体育館で行われた、名取市スポーツ祭 第9回仙南杯空道選手権大会(仙南カップ)の結果と、仙南支部 佐藤繁樹支部長によるレポートを公開いたしました。

名取市スポーツ祭 第9回仙南杯空道選手権大会(仙南カップ) 結果

佐藤繁樹支部長による大会レポート