2020.03.03   新型コロナウィルスの感染拡大への対応について

下記の内容を各支部・道場へ要請しております。

 

各自治体の状況や要請の違いもありますので、道場の休止は支部長・責任者の判断に任せますが、一連の政府方針を踏まえて、自治体の方針等を確認したうえで、各道場のおかれた実情を十分考慮し、感染防止のために、練習の中止も含めた万全の対策をとることをお願いします。

具体的には、以下のような取り組みをお願いします。

・政府、自治体の方針、地域の実情を確認し、感染リスクが明らかな場合、練習を休止すること。

・特に「ジュニアクラス」については、「休止」も含めた感染防止対策を検討、実施すること。

・塾生の体調管理について指導をあらためて徹底すること(せき、発熱など体調に不安がある場合の練習参加自粛、手洗い・うがいの励行、十分な休息をとること等)。

・練習内容について、十分配慮すること。特に2月26日以降の2週間が「感染拡大防止に極めて重要」という政府見解を踏まえ、「濃厚接触」を防ぐ意味で3月11日まで打撃・組技・寝技の対人稽古を自粛し、距離を置いた基本稽古、移動稽古を中心とした練習を行うようにすること。

・掃除・殺菌・換気といった道場の衛生状態をあらためて確認、徹底すること。特に練習中の換気について十分配慮すること。

・消毒スプレー、せっけん、使い捨ての紙コップなどをあらかじめ準備して、手洗いやうがいの指導を行うといった感染防止のための具体的な対応を行うこと。

・指導者が範になって塾生ひとりひとりの健康管理を徹底し、塾生ひとりひとりがこの危機に十分備えるよう、指導者として率先すること。

2月26日以降の2週間が「感染拡大防止に極めて重要」という政府見解を踏まえ、3月11日までの活動については特に配慮するようお願いします。

感染防止策を徹底、十分に説明することは、塾生の健康、地域、ひいては日本を守り、塾生、保護者との信頼関係をあらためて強化することにつながります。

社会に貢献する人間を育成するという「社会体育」の実践と心得ていただくようお願いします。

 

◆首相官邸ホームページ
「新型コロナウイルス感染症に備えて」

◆厚生労働省ホームページ
「新型コロナウイルス感染症について」

 

【塾生の皆さんへ】

新型コロナウイルス拡散防止のために各道場に上記の通達を行っています。

各道場の対応方針については、責任者に確認してください。

せき、発熱など体調に不安がある場合の練習参加自粛、手洗い・うがいの励行、十分な休息をとるなど、体調管理に留意してください。

2020.02.26   緊急ニュース

(一社)全日本空道連盟は、現況のコロナウィルス感染症の流行への対応策として、政府の方針

内閣府2月25日時点の「対応」文書http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.htmlや、

同日発表の感染対策本部「基本方針」https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599698.pdf 等々を検討した結果、諸般の事情を考慮し、「2020全日本空道体力別選手権○○地区予選」及び、「大道塾○○地区交流試合(ジュニア・シニア・一般部)」の一切を中止いたします。

 

尚、「2020全日本空道体力別選手権大会」及び「2020全日本空道シニア選抜選手権大会」(2020年5月23~24日、「青葉体育館(宮城県仙台市青葉区堤町)」にて開催予定)については、現在の所では、予選申し込み者で同大会出場希望をしている者は、全員出場を認める「オープン参加方式」での開催を実施の予定です。

詳しくは明日正式に(一社)全日本空道連盟、及び関連サイトにて発表しますが、取り急ぎ緊急発表をするものです。

 

2020.02.10   「宮城県スポーツ合同表彰式」で9名の選手が表彰されました

2月8日(土)、宮城県庁で行われた「令和元年度 宮城県スポーツ合同表彰式」で「2019全日本空道無差別選手権」女子優勝の今野杏夏選手ほか、「2019全日本空道ジュニア選手権」優勝の8選手がスポーツ功績賞等を受賞しました。

なお、本表彰式は、宮城県、宮城県スポーツ協会、宮城県高等学校体育連盟、宮城県中学校体育連盟の合同表彰式として行われました。

 

宮城県空道協会事務局 佐藤繁樹

2020.02.10   第2回関東地区空道合同練習会のお知らせ

第2回関東地区空道合同練習会を以下の通り実施します。

 

 

 

場所  :新宿コズミックスポーツセンター第一武道場
実施日 :令和02年03月28日(土)
時間  :19:15~21:15

申込  :以下のフォームからお申し込み下さい。

 

https://kudo-ota.com/2020/02/09/3%E6%9C%8828%E6%97%A5%E3%81%AB%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%9B%9E%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E7%A9%BA%E9%81%93%E5%90%88%E5%90%8C%E7%B7%B4%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%82%92%E5%AE%9F%E6%96%BD%E3%81%97/

 

 

大道塾大田支部 中村

2020.02.04   住友電工同好会が住友電工のカレンダーに掲載されました。

押忍、住友電工空道同好会・山田です。

会社側からの勧めもあり、2016年より会社(及び労働組合)と空道連盟より認可を受け、住友電工空道同好会として活動をさせていただいています。
現在5名で活動をしており、週に1回、会社内の体育館で汗を流し、部署も業務も違う社員同士の交流、運動不足になりがちな社会人の運動の機会、そしてストレスの解消で会社に貢献をする事ができ、今年2020年のカレンダーに載せていただく事となりました。
伊丹の事務所や現場などに掲示される事となり、より一層、空道の知名度UPにも貢献できると思います。空道初の会社公認の同好会として、今後も微力ながら空道の発展に貢献をしていく所存です。

押忍。

2020.01.28   ホテル青森にて令和元年度のスポーツ賞表彰式

令和2年1月23日(木)、ホテル青森にて令和元年度のスポーツ賞表彰式がありました。

向かって左から 千代谷遙佳・相内美希・相内春花・神 舞優・船橋 怜

【スポーツ賞】2名

相内春花(U16女子 中2)

神 舞優(U16女子 中2)

【スポーツ奨励賞】3名

千代谷遙佳(U13女子・小6)

船橋 怜(U13男子・小6)

相内美希(小3)

 

 

青森山田サッカー部はじめ多くのジュニアアスリートが参列する中、本年度の受賞者代表謝辞を空道の相内さんが行いました。

 

お礼の挨拶(概要)     相内 春花

受賞者を代表いたしまして、「お礼の挨拶」を申し上げます。

 

このたびは、104名、19団体が青森市文化賞・スポーツ賞というすばらしい賞をいただき、ありがとうございます。

また、こうして皆様にお礼を述べる機会を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

私は、小学校2年生から空道を始め、試合に勝てずに、何度もくじけそうになりました。

練習を休まず継続すること、努力することを学び、頑張ってきました。

指導者である五十嵐道場、五十嵐祐司先生を初め、道場の先輩や後輩、学校の先生や友達、地域の皆様の応援が私の励みとなりました。

そして、家族の支えのお陰と感謝しています。

 

空道は2025年の第80回国民スポーツ大会青森県大会において、デモンストレーションスポーツとして実施されます。

デモンストレーションスポーツに参加出来るよう、今後も努力し練習に取り組んでいきます。

これからも応援宜しくお願い致します。

以上でお礼の挨拶と致します。