2018.7.31   参加いただいた村上智章 中四国地区運営委員長・広島中央支部長の参加感想記です

静寂の中、ドスッ、ガッ、バンと重低音が響き渡る、7月22日昼、池袋スポーツセンター。
午後に予定されていた世界大会代表向けのアンチ・ドーピングセミナーに出席するため上京、せっかくの機会ということで、午前9時から始まった強化合宿2日目の稽古に参加・見学させていただいた。
小川英樹、アレクセイ・コノネンコ両師範による実戦的な技術講習、内容は特に秘すが、所与の状況において最適解を見出だすのがとりあえずの実戦、使える技術は使える技術としてしっかりと身につけてほしい。

前日みっちり体をいじめ抜き疲労が蓄積した状態での2日目、技術講習とはいいながら、その内容は使える技術を使えるように身に付けさせるためのもの、教えられた技術を実戦的な形式でひたすら対人反復、体力は削ぎ落とされていく。
選手たちの疲労困憊が伝わってくるが、限られた時間の中で可能な限り体力を回復することもトーナメント戦には必要。 講師の説明タイム、集中して聞きながら、選手は懸命に呼吸を整えている。
講師もまた、合同練習の限られた時間を生かそうと懸命、熱い、密度の濃い時間が過ぎて行く。(ちなみに練習場は冷房が効き、適度な室温が保たれていました。酷暑の時候柄、練習前、練習中、練習後の水分補給は重要です。)

講習がその半ばを過ぎた頃、一部選手が対人練習から離脱、見学へ。聞けば講習終了後、代表候補による世界大会出場をかけたプレーオフ戦が行われるとのこと。
充実した、熱い講習が終了、すぐさま試合の準備へ、プレーオフ戦が始まった。
冒頭の描写、決して狭くはない空間なのだが、音がこもるのか、打撃音が重く、鋭い。空間全体に響く、体に伝わってくる。まともに食らったらヤバイ打撃、人間の肉体と肉体との衝突音。ぶつかれば重い音が出るだけでなく、ぎりぎり見切られた打撃も、空を切る拳足が唸りをあげる。当たったらヤバイ、いずれも世界を目指す選手達、迫力ある打撃、と言ってしまえばそれまでだが、その迫力は現場にいたものにしかわかるまい。選手達が静かに見まもるなか、渾身の戦いが繰り広げられていった(私はああいう静寂が本当に苦手で思わず叫んでしまいました。スミマセン。)。

個別の試合内容への言及もここでは控えるが、今回出場した選手の技量はまさに紙一重、たとえ優勢に見えてもいつどこで逆転劇があるかわからない緊張感、そして迫力。さらに過酷というしかない延長戦、二回目の対戦に挑み、戦い抜く選手。選手のダメージを心配しながらも、こうした表現は許されるのだろうか、「眼福」というか、これはよいものを見させていただいたというのが感想。

相撲の本当の通は幕下の取り組みが終わったら帰る、とか、本場所よりも部屋でのぶつかり稽古を見学するのが好き、とかいうのと同じような感覚(成長株のせめぎあいにこそ醍醐味がある?といった感じ?)なのだろうか。息づかいが直接伝わってくる狭い空間で世界大会出場をかけて繰り広げられる過酷な戦い、しかもそれを目撃できるのは限られた人間、そんなもろもろが織りあって、観る側にとって至上の空間が現出したのだと思う。過酷な戦いを戦い抜いたすべての選手に敬意を表したい。 

一日だけの強化合宿見学であったが、プレーオフ戦の内容も含めて、日本選手団に頼もしさを感じた。
日々の精進、その積み重ねの成果と思う。今回のプレーオフ戦、破れた選手もその試合内容(本当に紙一重の戦いばかりだった。)が評価され、大会講評時に塾長が述べられたように世界大会リザーバー選手となった。あらためて強化合宿をこなした選手達、プレーオフを戦い抜いた選手達に敬意を表したい。その上で、これは期待を込めての言葉だが、世界大会に向け、さらに強く、さらに力をつけていってほしい。「量的変化が質的変化をもたらす」ということもある。ギリギリの精進をしているところ、あえて期待を込めて、選手諸君には質的にもプラスα(アルファ)、プラスβ(ベータ)の、量的にもプラスワン、プラスツーの稽古を積み重ねていってほしい。
まだまだ伸び代(のびしろ 成長可能性)はある。自分を信じて、さらにさらに稽古を充実させて、世界大会でさらに強くなった姿を見せてほしい。

突然の乱入を許容してくれたコーチ陣、選手諸君にあらためて感謝します。ありがとうございました。 

中国四国本部改広島中央支部 村上智章 

2018.7.31   8月度柔道クラススケジュール

8月度柔道クラススケジュール

8月度の日曜打撃投げクラス、火曜柔道ビギナークラス、水曜打撃投げクラスの開講および担当スケジュールを更新させました。

8月に移動させてご確認下さい。

9月 2019
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
2019年9月1日 2019年9月2日 2019年9月3日 2019年9月4日 2019年9月5日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月6日 2019年9月7日
2019年9月8日 2019年9月9日 2019年9月10日 2019年9月11日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月12日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月13日 2019年9月14日
2019年9月15日 2019年9月16日 2019年9月17日 2019年9月18日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月19日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月20日 2019年9月21日
2019年9月22日

カテゴリー: GeneralN/A: 日曜技術講習クラス(山崎進担当)

N/A: 日曜技術講習クラス(山崎進担当)
2019年9月23日 2019年9月24日 2019年9月25日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月26日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月27日 2019年9月28日
2019年9月29日 2019年9月30日 2019年10月1日 2019年10月2日 2019年10月3日 2019年10月4日 2019年10月5日

2018.7.30   第5回世界選手権 2回目の日本代表強化練習

5回世界選手権 2回目の日本代表強化練習が実施されました!

11月30日(金)~12月2日(日)名古屋・愛知県体育館で開催される「第5回世界空道選手権」の日本代表(確定選手+候補選手)の2回目の強化練習が、7月21~22日に実施されました。今回の強化練習では、小川英樹、アレクセイ・コノネンコの両師範が、国際試合で勝つための戦略をレクチャー。日本代表当落線上の選手たちによるプレーオフ戦も実施され、-230クラス:〇菊地逸斗vs近田充× -240クラス:〇田中洋輔vs巻礼史× 〇田中洋輔vs曽山遼太× 〇曽山遼太vs巻礼史× -250クラス:〇安富北斗vs飯田諭× -260クラス:〇押木英慶vs辻野浩平× ……という結果に。正式な日本代表、リザーバーの発表は、今回の試合のビデオ等での再確認等を経て、あらためて行われる予定とのこと。

国際水準に該当する選手がおらず、日本からの選手出場を見送るか、検討中の-270クラス。参考試合として五十嵐健史(左)と目黒毅が対戦し、五十嵐が勝利。

2018.7.24   夏季休業のお知らせ

総本部道場は2018年8月12日(日)~19日(日)の期間、夏季休業となります。

 

9月 2019
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
2019年9月1日 2019年9月2日 2019年9月3日 2019年9月4日 2019年9月5日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月6日 2019年9月7日
2019年9月8日 2019年9月9日 2019年9月10日 2019年9月11日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月12日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月13日 2019年9月14日
2019年9月15日 2019年9月16日 2019年9月17日 2019年9月18日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月19日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月20日 2019年9月21日
2019年9月22日

カテゴリー: GeneralN/A: 日曜技術講習クラス(山崎進担当)

N/A: 日曜技術講習クラス(山崎進担当)
2019年9月23日 2019年9月24日 2019年9月25日

カテゴリー: GeneralN/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)

N/A: 水曜打撃投げクラス(清水亮汰担当)
2019年9月26日

カテゴリー: GeneralN/A: 柔道ビギナーズクラス

N/A: 柔道ビギナーズクラス
2019年9月27日 2019年9月28日
2019年9月29日 2019年9月30日 2019年10月1日 2019年10月2日 2019年10月3日 2019年10月4日 2019年10月5日

第四回 豊田大谷高校杯レポート

連日の猛暑の中、試合場内の温度も40℃を超える中で開催されました。

今大会で、第四回を数える豊田大谷高校大谷杯。

40名の出場選手で行いました。

全日本大会でも入賞選手が多い帯広支部(飛永支部長)の強さが今、大会でも

目立ちました。 入賞選手は打撃、加撃からの投げが他の選手達より抜き出ており、

他の選手達も学ぶべきところ思います。

2018.7.18   2018年第5回世界空道選手権大会ポスター公募!!

2018年 第5回世界空道選手権大会ポスター公募!!

どなたでも応募できます。
みなさま、是非ご参加ください!

■公募資格:どなたでも
■ポスターイメージ:空道の技・適応範囲の多様性・可能性を表現したもの
■応募期限:8月25日
■採用賞金:3万円

※採用されたデザインは、ポスター、パンフレット表紙、チラシ、HP他に使用されます
※採用されたデザインをポスター等にする際、加工修正する場合があります
※採用されたデザインの著作権は、(社)全日本空道連盟 大道塾に帰属します

応募作品は以下のメールアドレス、または、総本部事務局まで任意のメディアご送付ください。
info@daidojuku.com

〒171ー0022 東京都豊島区南池袋2-32-5 イースタンビル
(社)全日本空道連盟 大道塾 総本部 ポスター公募係

 

過去ポスター

2018/07《埼玉、東京、神奈川、茨城》ワンマッチ交流戦レポート

関連記事:試合結果

2018/07《埼玉、東京、神奈川、茨城》ワンマッチ交流戦レポート

 

7/8(日)、年3回恒例のワンマッチ大会が、岩槻文化公園体育館にて行われました。

今回は10道場(※総本部、浦和、大宮西、御茶ノ水、北本、吉祥寺、草加、日立、横浜北、早稲田)から集まった選手達により、全25試合を実施。

ただでさえ暑い時期なのに(苦笑)、集まった選手と応援の方達の熱気によって、会場は更にヒートアップ。コンディションが心配されましたが、熱中症や大きな怪我等もなく無事終了できて、主催者としては安堵しました。

それでは、以下、講評、雑感、余談etc。

 

【少年部】

・前回初参戦した総本部の少年部から、今回も6名がエントリー。しかし困ったことに、小学校1,2年くらいの小さな子のエントリーが多い。関東圏では、そのくらいの年齢から試合志向でやっている道場というと新宿西支部くらいしかなく、その新宿西支部からは今回は1名のエントリーのみ。結果、ほとんど総本部同士で対戦していただくことに。(泣)

 

・総本部の少年部の稽古は「組手が主体」とのことで、さすがに皆、組手に慣れているというか、鍛えられているというか、、、。学年が低い子でも、スピードとスタミナ(=手数脚数)があって、且つ技術的にもレベルの高い攻防が多かったです。その後に(あまり試合志向の強くない)他支部の子の試合を見ると、こちらの方が上級生で帯上なのに、何となく間延びして見えるほど。(苦笑)

私(渡邉)としては、「小学生までは遊び感覚で良い(と言うかそれくらいの方「が」良い)のでは?!」というのが持論ですが、まぁこの辺の「子供の教育方針」は各人各道場でそれぞれ。お互いがお互いを他者否定せずに共存できればいいなぁ、と思います。

 

・少年部の私的ベストファイトは、亀田瑠輝選手(総本部)vs. 小笠原悠弥選手(大宮西)。結果は延長戦を終えて両者ポイントなし、判定1-2で小笠原選手の勝ちということに。本当にどっちに転んでもおかしくない大接戦でした。両者ともにベストファイター賞受賞。

小笠原君は私の道場所属。先に述べたように、私の道場では「遊び感覚の稽古」が主体。具体的には、ミットを蹴って、馬跳びして、サンドバッグに飛び蹴りして、、、みたいな感じ。そういった稽古の中で、「運動の楽しみを知ってもらう」、「運動の習慣をつけてもらう」、「体力と運動能力が向上して」、そして「必要な時には、ピシッとした態度、返事、挨拶ができる」ことを覚えてくれたらいいなぁ、と。組手は審査前に少しやるくらい。そんな感じ、そんなレベルの稽古で育った小笠原君が、「東京都下・神奈川県大会U13-Aクラス優勝」の亀田君を相手にまわして、互角の攻防を繰り広げてくれたのは、すごく嬉しく、また頼もしかったです。

一方、亀田君サイドから見れば、小笠原君との体格差は、エントリーシートによれば身長で-11cm、体重で-10kg。本来、「少年部の試合は、体重差10kg以上は試合不成立」なんですが、「亀田君なら大丈夫だから、ぜひやらせてほしい」との総本部指導員からの要望により、今回は特別にマッチメイクしたものです。その言葉通りに、11cm、10kgの体格差をものともせずに、互角の戦いを繰り広げた亀田君は「さすがはチャンピオン」と思わせるに十分な奮闘ぶりでした。

 

 

【一般、シニア】

・支部賞があれば、今回は早稲田準支部が受賞したことでしょう。大活躍おめでとう。

ほとんどが学生になってから空道を始めたばかり。経験もまだ少ないだろうけれど、それぞれのレベルで「頑張って稽古しているな」と思わせる闘いぶりを見せ、格上に勝利する子もチラホラ。6人出場して、4人がベストファイター賞受賞の奮闘ぶりでした。皆、早く審査を受けて、帯を上げて、更に上の大会にもチャレンジしてくださいね。

あとは前日に早大準支部設立30周年記念のOB含めた合同稽古会があったそうで、そちらもおめでとうございます。2連荘のイベント、大変お疲れ様でした。(笑)

 

・顔なしフルコンカラテからの転向者の奮闘が目立ちました。具体的には月東選手(草加)と本間選手(御茶ノ水)。どちらも白帯で、まだまだ顔面の攻防に慣れきっておらず、ポイントを奪われ負けてしまいましたが、蹴り返しの技術とそれを支えるしっかりした体幹の強さ、更にはハートの強さは目を引きました。

特に月東選手はまだ25歳と若く、将来の活躍を期待したいところです。

 

・女子の試合も1試合あり。黄帯vs.白帯の試合だったので今回は「基本(=顔面打撃)ルール」でしたが、このまま続けてもらって、将来は空道ルールの試合ができるようになってもらいたいです。

以前から書いているけれど、空道がワールドゲームス、オリンピックへの道を目指すのなら、女性の競技人口増加は必須の課題です。

特に男子は「一般」と「シニア」で分かれているのに、女子には今はまだ「女子」という枠しかないのはちょっとキツイ。もっともっと競技人口を増やしていかないと。

 

・今大会の最高齢の試合は、藤田選手(御茶ノ水、54)vs.大倉選手(大宮西、53)。いくつになっても「ガチ」な「リアルファイト」にチャレンジできる空道は本当に素晴らしいです。

両者ともトリッキーな動き、技が持ち味の選手。互いにバックハンドを狙ったり、ジャンプしてのパンチキックが飛び出したり、、、とユニークな試合展開となりました。最後は体格差(10kg差)にものを言わせて大倉選手がパンチラッシュで押し切りましたが、藤田選手の健闘も光ったいい内容でした。

 

・メインイベントは、近年成長を見せている現役北斗旗選手である高橋選手(横浜北)と、そのシニア離れした実力で 最近では「シニア空道界ではレジェンド的存在(の1人)」になって来た糸永選手(草加)の一戦。

両者とも、裸体のMMAのように「打撃」「テイクダウン」「寝技」を回していく、似たファイトスタイルを持つタイプ。マッチメイクした私(渡邉)自身も「さぁ、どうなるかな?!」とワクワクしましたよ。自分が見たい試合を組むのは、主催者特権ですよね?!(笑)

内容は、予想にたがわぬ好試合。双方が、要所要所で的確なタックルを決め合うも、そこから極めるまでには至らず。最後は的確なパンチをまとめた糸永選手に軍配が上がりましたが、高橋選手の方もワンマッチ交流戦という大会の性格上(?)、「(練習してきた)技へのトライが優先」で、「何が何でも勝つ!」といった風には見えなかった感もありました。次回は北斗旗予選なりで、もっと「ガチ」のファイトが見たいなぁ、、、。糸永さん、ぜひ一般部へのチャレンジを。(笑)

 

 

【余談、全体まとめ】

・従来、空道の試合動画を検索すると、全日本あるいは世界のトップレベルの試合しか引っかからない状況が続いておりまして、、、。特にロシアのやつなんかは、本当にもうバッカバッカと打ち合っていて、「うわ~っ、これはヤバい」とドン引きしそうな内容。(苦笑)

そういうトップクラス、最高レベルの激しいファイトも空道の一面の魅力ではあるから、それはそれでいいのだけれど、同時に空道は「週に1回程度の稽古をコツコツ続けるアマチュアレベル(しかもそれが40、50のおっさん)であっても、安全にガチファイトにトライできますよ」、「そしてその試合レベルもすごく高いんですよ」というのも、もう半面の空道の魅力であって、、、。なのに、あぁいうトップレベルの動画しかネットに載っていないというのは、せっかく空道に興味を持ってくれて動画を見てもらえたのに、「やってみたいけど、これは俺には無理だわ」とあきらめてしまう人が大半じゃないかと、、、。(泣)

で、「あれは、ある意味、営業妨害ですよ」と以前から主張していたのですが、先般の支部長会議で「(ワンマッチのような)交流戦に関しては、総本部の許可を得ずとも、自由にネット上への動画投稿が可」という基本方針が確認できましたので、今回のいくつかの試合を Youtube にアップさせていただきました。「空道 ワンマッチ」で検索を掛ければ引っかかります。

次回以降は、案内文書に「試合参加条件」として、「(原則として)肖像権フリーに同意していただける方」という一文を入れるつもりです。

「同意できないけれど、試合は参加させてほしい」という人には個別対応するつもりです。

 

・今回は全25試合と普段よりも多め。併せて、延長戦にもつれる接戦も多く、見ごたえのある交流戦でした。

が、逆にその分、大会終了後のマススパー交流の時間が少なくなってしまったのが、ちょっと残念でした。まぁ、この辺は裏表でしょうがないのだけれど。

普段なら大会の運営に疲れ切り、「俺の仕事はもう終わり。あとは皆で勝手に(マススパー交流を)楽しんでくれ」という気分になることも多いのですが(苦笑)、今回は疲れた体に鞭打って(?)、頑張って参加させていただきました。

色々な人と手合わせしましたが、特に中村選手(御茶ノ水、2017全日本シニア軽重量級王者)との絡みは、楽しく、且つ勉強になりました。また来てくださいね。マススパーのみならず、試合参加もお待ちしております。

 

・最後になりましたが、改めて、皆様、参加協力ありがとうございました。特に総本部の山崎指導員、岩﨑指導員には、世界大会に向けて一日でも時間が惜しいときであろうに、ありがとうございました。ちょっと話がズレるかもしれないけれど、2人とも審判が上手くなっていましたよ。嬉しく、且つ、頼もしく感じました。

次回の開催は10月末 or 11月頭の予定です。

今現在、ワンマッチに参加されていない支部の方も、希望があれば、渡邉宛にその旨伝えていただければ、ご案内を送らせていただきますので、お気軽にどうぞ。

また選手参加でなくても、審判のご協力も受け付けております。「審判としての経験を積みたい」という方はぜひ。

それでは皆様、今後ともよろしくお願い致します。押忍。

 

 

渡邉慎二 浦和/北本/大宮西支部長