2021.01.26   川崎市空道協会 第一回講習会兼練習試合を開催しました

川崎市空道協会第一回講習会兼練習試合レポート

新ゆり支部 置田 和浩

 

1月23日(土)、2021年1月に発足した川崎市空道協会の初回行事として、空道ルール講習会兼練習試合が開催されました。

会場は川崎市の公共施設“カルッツかわさき”武道室を使用し、空道ルール審判講習、練習試合、試合内容講評の三部構成で行われました。佐野師範代をはじめ川崎支部から6名、篠木師範代をはじめ新ゆり支部から5名、合計11名の方が参加されました。

緊急事態宣言下ではありましたが、新型コロナウイルス感染予防対策として、チェックシートの提出や、マスクの着用、消毒、等を講じることで、無事に開催することができました。

 

〈空道ルール審判講習〉
実演を交えながら、ルールの再確認や、審判をする際の要点をご指導いただきました。
質問も多く、みなさんが積極的に参加されていました。

〈練習試合〉
空道ルールの判定基準を考慮し、効果的な試合の組み立て方を練習するための試合を行いました。
直前の講習で解説していただいた投げからの極めや、寝技で相手を制しての極めを試みる場面が多く見られました。また、緑帯以上が副審を担当し、講習会の内容を実践しました。

〈試合内容講評〉

今後の稽古課題を見つけるため、試合の組み立て方についての改善点を各人に対してご指導いただきました。

また、動画も撮影していただいていたので、そちらでも自分の動きを省みることができました。

 

最後に、

今回、川崎市空道協会の初めての行事でしたが、他支部の方々との稽古は、とても刺激になりました。

今後とも、交流を深めていきたいです。

また、ルール講習会等のイベントについても、定期的に開催、参加することにより、川崎市における空道の普及に貢献していけたらと思います。

以上。

2020.12.26   山崎照朝先生×佐藤勝昭先生×東塾長の鼎談速報が掲載された「Fight & Life ファイト&ライフ」Vol 82 号が発売

さて、10月27日のHP上でお知らせていました2020.10.27山崎照朝先生×佐藤勝昭先生×東塾長の鼎談速報 – Daidojuku <http://daidojuku.com/jp/2020/10/27/001-13/>  が掲載された「Fight & Life ファイト&ライフ」Vol 82 号が発売されました。ご購読ください。

この記事の中のコラムで「(空道へ至る道程で過程で修業をした)空手を通じて培ったもの」と言う命題に対して、東塾長は「現代人の打たれ弱さ=不屈の精神、反発力、抵抗力のなさ」について書かれております。

これまた12月の18日のHP 上で「再び“理不尽さについて”」再び“理不尽さ”について – Daidojuku <http://daidojuku.com/jp/column/003-2/>  として、雑誌では説明しきれなかった部分にまで踏み込んでいますので、合わせてお読みいただきたいと思います。


「Fight & Life ファイト&ライフ」Vol 82 号

2020.12.18   関東地区審査会のレポート

12月13日(日)に関東地区合同審査会が行われました。

各地区での合同審査会が県跨ぎどころか、他市への移動禁止などの中で、幸いにも関東地区ではそれがなかったので、実現できました。

 

12:30~14:00が少年部、15:00~18:00が一般ビジネスマン女子というスケジュールで行われ、コロナウイルス対策として感染予防策チェックシートの提出、検温、消毒、常にマスクの装着、時間差入場などを行い、無事終了しました。

 

受験者は一般部26名、ビジネスマン34名、女子1名、少年部13名で大会や合同審査会等がなかったせいか、コロナ禍の審査としては人数が多かったように感じました。

 

〈一般部・ビジネスマン・女子部〉

昇段審査受験者の基本稽古と移動稽古が厳しくチェックされ、しっかりと説明できなかった者や動作がしっかりできていない者は組手の点数から減点されました。

 

昇段審査を受験した10名中4名が合格、2名がビデオ提出(ビデオ審査でも不十分なら修正点を指摘するが、即保留)、4名が不合格となりました。大道塾の黒帯ならば、大道塾の基礎となる準備体操、基本稽古、移動稽古は出来て、教えることができて当然だと思います。

 

昇段審査を受ける者は組手だけではなくその辺も含めて準備して欲しいものです。

また、今回の審査会では例年に比べて白帯の人数が多く、良い傾向にあると感じました。

 

〈少年部〉

全体的に基本稽古と移動稽古が上手でした。帯上の子達は特によく出来ていました。

組手や約束組手もしっかりとこなし、実力、技術面では文句なしだったと思います。

 

しかし、気合いが小さい、返事もしない、呼ばれてもダラダラ歩いてくるなどの傾向が見えるジュニアが多く、いくら上手で強くてもこういうところが出来ていないのでは、塾長が常に言われている「武道である以上、技術が出来ている、出来ていない、礼儀が出来ている、出来ていないの4つの要素を組み合わせて、強いが礼儀ができていないは、弱くて礼儀ができていない以下の“最悪な武道”になる」という言葉があるように、武道をやっている意味がありません。自分が指導している総本部の道場内では礼儀等が出来ていても、こういう場で出来ないのは、しっかり身についていない証拠であり、自分の指導不足だと痛感しました。塾長の言葉を噛みしめ指導していこうと思います。

 

最後に、今回の審査で良い結果だった人もダメだった人も自分の欠点を見つけ更なるレベルアップを目指し精進してほしいと思います。以上です。

 

大道塾総本部指導員 清水亮汰

2020.12.11   冬期休館のお知らせ

総本部道場は12月26日(土)~1月6日(水)まで休館となります。

1月7日(木)より稽古がスタートします。

 

また、12月25日(金)の「19:00~20:00ビギナーズクラス」、「20:00~22:00寝技クラス」は大掃除の為、お休みとなります。

 

よろしくお願い致します。

総本部道場 冬期休暇のお知らせはこちらをクリックしてご覧ください。

2020.11.26   全日本大会開催について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2021年1月16日開催予定の「2021北斗旗全日本空道体力別選手権大会」「2021春全日本空道シニア選抜選手権大会」はやむを得ず中止が決定致しました。