2019.09.27   「全日本空道ジュニア選手権九州・中四国予選/第53回 大道塾 九州・沖縄・中四国地区交流試合」レポート

2019年9月16日、新元号「令和」ゆかりの地大宰府にて、改元後初の九州・沖縄・中四国地区大会がジュニア42名、シニア4名の総勢46名の選手の参加を得て開催された。

本部席より全試合を見ての感想。小学校1・2年から、打撃からの投げ、投げからの極めなど、空道らしい戦いが見られた。それと今回は接戦が多かった。ジュニアは基本的に延長なしの本戦決着が多いが、今回は審判泣かせの接戦が多くみられ、手元の記録メモを見ると、49試合のうち実に9試合が延長となっている。それも、効果優勢で勝利かと思われた終盤に効果を取り返されて延長へ、逆転といった展開など、実力の拮抗した、目の離せない試合が目立った。近年、ジュニア出身選手の活躍が顕著だが、本大会でもU16(戦ったのは14才同士)の試合など見ていると一般部に負けない力強さと空道らしいテクニック、11月9日の全日本空道ジュニア選手権、さらなる成長が楽しみな内容だった。

大会半ば、15試合目が終わったところで(15試合目U13クラスの戦いも、つかみからの打撃、キックをキャッチされてからの展開、タックルと空道らしい戦い。)、「朝倉杖道会」(大道塾朝倉支部道場でも週1回稽古)の野口先生、井上先生による杖道の演武。杖道は大宰府、朝倉の地に縁の深い神道夢想流杖術を起源とし、国内外に広く活動している武道、朝倉支部の小川責任者も学ぶところがあるという。空道をやっていると、空手道・柔道・剣道・古武術を問わず、伝統的な型稽古の意味、応用可能性にハッと気づくことがある。打・投・極の着衣格闘技としての空道は、古きをたずね、新たな何かを見出す、いわゆる「温故知新」の実践という意味においても「21世紀の新しい武道」、「多様性と可能性の武道」であり得る。格闘という人間の営みについて、伝統的な身体文化に敬意を払い学ぶこと、要は活かせるものは活かし、使えるものは使うことによって、その継承と発展とを目指すことは空道にとって、さらには日本武道にとって大きな意義がある。杖道の演武、本部席から体さばき、足さばきとじっくりみさせていただきました。先生方には素晴らしい演武ありがとうございました。

杖道の演武のあとはシニアクラスの戦い、鋭い衝撃音のストレートで効果をとるなど迫力ある試合が続いた。人生100年時代、本大会でもシニアクラスの試合が定着したことは、生涯武道としての空道として、大きな意義がある。ジュニア、シニアとも大過なく試合終了、一人一人が最後まで全力を尽くした大会だった。

今回、有力選手が諸事情により出場できず、予選参加者がゼロであったことは残念だが、将来性を期待させるジュニア、シニアの活躍が見られ、令和の始まりにふさわしい大会、大会では、「2025年青森国体公開競技決定」を知らせる垂れ幕も飾られており、大道塾空道が未来に向かって、令和ゆかりの地で第1歩を記す大会であった。

広島中央支部  責任者 村上智章

 

2019.09.26   「2019 北斗旗 全日本空道無差別選手権東北予選/第57回 大道塾東北地区交流試合」レポート

9月8日に行われた東北予選のレポートをさせて頂きます。

 

今回は予選、交流試合とも参加者が少ない大会ではありましたが、

上位の選手は全日本でも活躍が期待できる良い試合であったと感じました。

 

全日本予選の部

3人総当たりの4ブロックを勝ち上がったのは、

木町支部の三浦、仙台東の伊東、秋田の伊藤、多賀城の目黒の4選手。

木町の三浦は当初、勝ち星に恵まれなかったが、今回はジュニア育ちの勢いで相手を上回りベスト4進出。

対する伊東は春の体力別で準優勝した勢いそのまま、2試合とも相手を圧倒しベスト4進出。

伊東、三浦の準決勝は、三浦の勢いを上回る伊東のパワーと技術でボディーへの攻撃で一本勝ち、貫禄を見せつけ、伊東が決勝進出。

逆ブロック、まずは秋田の伊藤。

昨年の交流試合でも帯上相手に、寝技を上手く使い勝ち星を重ねた選手だが、

今回は春にシニアで全日本を優勝した佐川に一本勝ち、もう1試合も

春の体力別最重量級で優勝した奈良から、寝技で効果を取り優勢勝ち。

番狂わせを起こし準決勝進出。

対する目黒は永戸、金子との打ち合いを制し準決勝進出するが、金子戦で指を負傷し、準決勝棄権、伊藤が不戦勝で決勝進出。

決勝は仙台東の伊東と秋田の伊藤。

伊東の経験、技術が相手を上回り、効果1を取り優勝。

伊藤、三浦の勢いが大会を盛り上げたが、伊東駿が全日本常連の強さを見せつける結果となった。

 

女子の部は多賀城の今野と石巻の末永の2試合戦。

2試合同じ相手と試合をする、やりにくさが両方あったと思うが、打撃から投げ、寝技への移行が上手くハマり、2試合とも効果を奪い、今野が勝利。

 

一般交流試合は仙台東、高橋が的確に打撃を当て、優勝。

シニア−200は全日本チャンプの仙台中央、佐藤順が貫禄のV。

シニア200+は盛岡、及川が最高齢の61歳ながら優勝と

予選も含め過去の大会で優勝経験のある選手が今回も優勝、

周りとの差が少し開いていると感じました。

また、塾長も講評で仰っていたように、選手の努力を報いる為にも、

審判のレベル向上が今後の課題であると大会を通じて感じました。

 

多賀城支部 支部長 中川博之

2019.09.03   9月15日(日)の交通規制について

「2019 北斗旗全日本空道無差別・ジュニア選手権大会 関東予選」の同日、

マラソングランドチャンピオンシップ(2020年東京オリンピック男女マラソン日本代表選手選考レース)が行われ、

中央区スポーツセンター周辺が交通規制となります。

ホームページを確認し、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。

詳しくは下記HPでご確認ください。

http://www.mgc42195.jp/traffic-reg/

2019.04.23   北斗旗全日本空道体力別選手権西日本予選レポート

西日本地区予選所感

2019全日本空道体力別選手権大会 西日本地区予選が3月17日(日)に開催されました。

世界大会後で、全日本代表選手の参加は少なかったですが、次世代を担う若い選手達が活躍しました。

 

軽量は、ベテラン関西宗支部小芝選手や若手の日進支部 高垣選手の活躍で優勝、準優勝と全日本に駒を進め、中量級 日進支部 伊東選手は、怪我などで昨年大会から離れ治療に専念。今大会、復帰戦に臨み見事優勝を飾りました。

 

250以下、富士山同好会 曽我選手33歳と22歳 若手 岸和田支部 近藤選手の決勝戦。33歳ながら若手を抑え曽我選手が優勝を手にしました。

 

260以下では、ベテラン渡部選手が順当に勝ち上がり優勝。

 

過去、全日本大会では、西日本地区選手達の優勝や入賞と幾多の好成績を収め活躍してきました。

5月に開催される全日本大会も西日本地区選手達の活躍を大いに期待したいところです。

中部地区運営委員長   神山信彦

2019.04.09   2019北斗旗全日本体力別選手権北海道予選レポート

三月三十一日に、2019北斗旗全日本空道体力別選手権の北海道予選とシニア交流試合、未来を担うジュニア交流試合が行われました。

今年は三月中旬には雪が溶けましたが、三寒四温とは言ったもので、雪は無くとも寒さだけは残り試合の日も肌寒く感じられました。

ジュニア交流試合は、今までで一番試合数が多く行われました。交流試合の時には、去年出ていた時と比べてしまい、一年でこんなに上手くなったのか…と言う思いと、成長したな…と指導者の思いと父親目線の思いが入り混じりました。

今回のジュニア交流試合の目玉は、U16。決勝戦では2017全日本空道ジュニアU16 50kg以下で準優勝した小樽支部所属の佐々木龍希選手と、同試合U13 55kg以下で優勝した帯広支部所属の駒形祐磨選手でした。ジュニアといえ、流石に見応えのある試合内容だったと思います。

今後世界を相手に戦う姿が観られるかと思うと、楽しみで仕方ありません。

シニア交流試合は、年齢層は上ですが、今まで行われたシニアの試合の中でもアグレッシブだったと思います。前回迄は体力が持たず棄権する選手もいましたが、今回は一本勝ちをした選手がいたりと、見応えある内容でした。

北海道予選は、230以下は当支部所属のソムチャ ヌアナー選手が一試合目からキムラロックを決め一本勝ちと、二試合目は効果で優勢勝ち。

240以下は、帯広支部所属の小野寺稜太選手は二試合とも効果により優勢勝ち。

250以下は当支部所属のキム ジュンラク。二試合とも効果により優勢勝ち。

村上師範も仰っておりましたが、大人はいろんなスタイルで攻められると、後ろに下がる。レベルが高い惜しい選手がいたが、遊撃性を備えたらもっと強くなる。私も同感です。

その惜しい選手は自分だと思い、更に練習をし磨きを掛けて欲しいと切に願います。

最後になりますが、来年度の試合では、技に磨きを掛け更に強くなった選手を観られる事を楽しみにしております。