2019.04.23   北斗旗全日本空道体力別選手権西日本予選レポート

西日本地区予選所感

2019全日本空道体力別選手権大会 西日本地区予選が3月17日(日)に開催されました。

世界大会後で、全日本代表選手の参加は少なかったですが、次世代を担う若い選手達が活躍しました。

 

軽量は、ベテラン関西宗支部小芝選手や若手の日進支部 高垣選手の活躍で優勝、準優勝と全日本に駒を進め、中量級 日進支部 伊東選手は、怪我などで昨年大会から離れ治療に専念。今大会、復帰戦に臨み見事優勝を飾りました。

 

250以下、富士山同好会 曽我選手33歳と22歳 若手 岸和田支部 近藤選手の決勝戦。33歳ながら若手を抑え曽我選手が優勝を手にしました。

 

260以下では、ベテラン渡部選手が順当に勝ち上がり優勝。

 

過去、全日本大会では、西日本地区選手達の優勝や入賞と幾多の好成績を収め活躍してきました。

5月に開催される全日本大会も西日本地区選手達の活躍を大いに期待したいところです。

中部地区運営委員長   神山信彦

2018 大阪錬成空道選手権大会レポート

関連記事:試合結果

6月10日(日)岸和田市総合体育館にて大阪空道錬成大会が開催されました。
今回は名張支部や四日市支部が中部大会と重なり出場されなかった為、ジュニアは関西地区の新人戦的な感じで、初優勝者が多くこれからの活躍が大いに期待されます。
ジュニアでも、空道独自の足払いや掴んでの攻防等これから楽しみなジュニアの大会でした。
一般部は、若い色帯の道場生の参加が多く今後西日本大会を目指す新人が打撃+投げ+極めを上手く取り入れた攻防が見られました。
軽中量級優勝の寺阪君(北河内)重量級優勝の近藤君(岸和田)の両名は勿論ですが各支部で若い選手が育っており今後の西日本大会、全日本大会での活躍が期待されます。
反省としましては審判のルールや審判動作の知識不足判定基準のバラツキ等があり今後、大会毎に話し合い改善して行きたいと思います。

2017.10.03 【大会結果レポート】2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会/2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選/第58回 大道塾 西日本地区交流試合

2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会
2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選第
58回 大道塾 西日本地区交流試合・・・レポート

大会レポート 2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会 2017全日本空道ジュニア選手権 西日本予選 第58回大道塾 西日本地区交流試合 

2017秋期 空道体力別西日本地区選手権大会
2017全日本空道ジュニア選手権 西日本予選
第58回 大道塾 西日本地区交流試合

 

2017年9月24日 大阪府岸和田市総合体育館

岸和田支部  支部長 品野 圭司

 

9月24日(日)大阪府岸和田市総合体育館にて、2017秋期空道体力別西日本地区選手権大会・2017全日本空道ジュニア選手権西日本予選・第58回大道塾西日本地区交流試合 が開催されました。

一般部の西日本大会は、通常の予選ではなく秋に開催されるアジアカップへの出場権をかけた選手のアピールの場でもあり、全日本入賞者・世界大会日本代表選手らが出場する見応えのある試合が多く行われました。それぞれの階級で優勝した軽量級の小芝選手・中量級の川下選手・重量級の渡部選手らは、実力を如何なく発揮してアジアカップでの大活躍を期待させる素晴らしい試合内容でした。

交流試合の空道ルールの部では、あら削りながら若い元気のある闘いが多く観られまし。欲を言えば、大振りのパンチを振り回す等少し雑な場面を今後は修正していけば、将来楽しみな選手も多く観られました。

シニアクラスでは、キャリアのあるベテラン勢が今回は新しいシニア世代を退けての活躍でした。

全日本ジュニア選手権・西日本予選では、勝ち上がる選手はしっかり組み技が出来、他のフルコンタクト空手のジュニア選手では無い、空道のジュニア選手という印象を強く受けました。少しづつではありますが、西日本ジュニアからも全日本ジュニアチャンピオンが誕生する場面も見られる様になってきました。今後の西日本ジュニアの全日本・世界での大活躍を期待させてくれる闘いでした。

 

最後になりますが、今回西日本大会運営にて塾長を始め、事務局の皆さん、西日本の各支部長の皆さんには多大なるご面倒をかけ本当に申し訳ありませんでした。

この場を借りてお詫び申し上げます。

2017年 全日本空道体力別西日本地区予選大会を終えて

2017年 全日本空道体力別西日本地区予選大会を終えて

日進支部
神山信彦

 3月20日(月 祝日)西日本地区予選大会が開催されました。 予選及び交流試合全体を通して所感を述べさせて頂きます。

大会後の塾長のお言葉で怪我が多い選手の指摘がありました。(我が支部の選手にもいえることです)
基礎体力や筋力を付けることの重要性は言うまでもいなく以前から指摘を受けていることですが、部位鍛錬というか脛や拳を鍛えていない選手が西日本地区に限らずとても多い様に思います。稽古では拳を痛めてはいないのに、バンテージを巻たりグローブやフィンガーグローブを付けたりまた、足にはレガースの脛あてを付けるなどでは拳や脛は強くなりません。脛もレガースでは、脛のどこを当てても痛みがないので当てる部位させ間違った部位を当てている選手もいます。その稽古方法、取り組み方の結果が現在の選手達の状態や怪我という答えが出ているのではないのでしょうか。(我が支部の選手達も反省する所です)
海外選手をみても、全力で拳を打ち込んでも拳が腫たり、骨折する選手が少ないのも身体的な特徴だけではなく、稽古方法や取り組み方にも学ぶべきところがあると思います。日本人選手はもとより指導者や各支部長が筋にあたる部位鍛錬の必要性を重要視するべきと実感します。

さて試合内容ですが、西日本地区予選は、各階級少年部から続けている選手の活躍が目立ちました。基礎はある程度、少年部からの積み重ねが有り、粗削りな部分もありますが、経験と稽古の積み重ねでさらに伸びていくことに期待をします。ただ、先にも述べましたが怪我防止の為、筋力を付ける事、部位鍛錬を怠らないようにすることです。試合はトーナメントで1日に何試合も行います。
アウターの筋肉だけではなく、インナーの筋肉強化を図るべきです。同時に筋の部分と部位鍛錬に尽きます。日本人選手は海外選手と比べてもテクニック(技)は劣ってはいません。打ち負けない筋力と壊れない体作りに取り組むべきです。 全日本大会での西日本地区選手達の活躍を期待します。

シニアクラスは、40代から50代の年齢層の選手達が多く集まりました。 空道ならでは競技として長く取り組むことが出来るという証だと思います。 また、この年齢層でも試合が出来るということは、若手選手と比べても体が丈夫だということです。育って来た時代や環境の違いもありますが、現役20代や30代の選手達もスーパーシニアに学ぶべきところではないでしょうか。

U19はジュニアですが西日本地区では、全日本予選と交流試合の場で試合が行われます。それは、一般の試合を観戦することにより将来の目標を定めさせるためには良い機会と捉えているからです。また、豊田大谷高校 空道部を中心に西日本地区の各支部もU19の選手が育っており参加者も徐々に増えています。
この西日本地区でもジュニア経験者で、全日本大会や世界大会など近い将来活躍出来る選手が育つことを期待します。

以上、各試合個別の内容ではなく、全体を通して各選手共通の所感を述べさせて頂きました。

 

更新日 2017.03.30

©Copyright 2019 DAIDOJUKU All Rights Reserved.