2018 北斗旗 全日本空道体力別選手権東北大会及び第54回大道塾東北地区交流大会 レポート

関連記事:試合結果

2018 北斗旗 全日本空道体力別選手権東北大会
及び 第54回 大道塾東北地区交流大会 レポート

大道塾 仙南支部  支部長 佐藤繁樹

 

3月18日、名取市民体育館にて、2018北斗旗空道体力別選手権東北大会及び第54回東北地区交流大会が開催され、U19からシニアクラスまで47名の選手が集い優勝をかけ熱い闘いを繰り広げました。
各クラス熱戦の連続で、特にU19優勝の田口洸揮(仙南)はじめ10代20代の選手達に今後の活躍を期待させる選手が多かったことは今大会の特筆すべきことでした。
ここからは今年11月に開催される第5回世界選手権大会へつながる全日本予選の試合を紹介します。

<女子>ここ数年、常に全日本優勝戦線に立ち続ける今野杏夏(多賀城2015全日本優勝)が磐石の強さで優勝。すでに先の大会を見据えているように感じた。

<男子230以下>はっきりとした新旧世代対決の構図となったこのクラス。19歳小野葉嗣(塩釜)が近田充(多賀城2016全日本準優勝)を延長の末破り決勝に駒を進める。
対する反対ブロックでも阿部宏信(石巻)に18歳星優斗(仙南)が挑むが攻め所を熟知する阿部が一枚上手の試合展開で退け決勝に駒を進めた。
決勝は今大会一番の盛り上がりを見せた試合となり、豊富な経験を活かして相手の一瞬の隙を狙う阿部をスピードとスタミナを活かした闘いを展開する小野が下し優勝を勝ち取ると共に見事世代交代を果たした。

<男子240以下>このクラスは私が選手時、主戦場としていた思い入れのあるクラス。越後暢介(仙台東2018アジア出場)が持ち味の変則スタイルで相手に距離感と攻撃タイミングを狂わせ決勝進出。
反対ブロックからは東北では珍しいアップライトスタイルの國枝厚志(秋田)が危なげない闘いで決勝進出。
興味ある対戦だった決勝戦だが國枝が怪我のため棄権し越後が不戦勝で優勝となった。

<男子240超>リーグ戦となったこのクラスは、藤田隆(秋田2015全日本準優勝)がフィジカルの強さと技術で頭一つ突出し全勝優勝。
勝率2位に3人が1勝1敗で並ぶ混戦となったが一本勝ちで8点を獲得した岡崎匠(仙台中央)が準優勝となった。
全日本選手権の出場権を獲得した選手はすでに動き出していることとは思いますが、その先にある世界選手権を見据え一つでも多く表彰台に日の丸を掲げられるよう残された時間の全てを空道に費やす気で過ごしてほしいと思います。

最後になりましたが、今大会を支えてくださいました役員、審判員、ボランティアスタッフの皆様に感謝申し上げレポートの締めくくりといたします。ありがとうございました。

 

2018年北斗旗全日本空道体力別選手権九州•沖縄地区予選 第50回 大道塾九州•沖縄地区交流試合レポート

関連記事:試合結果

2018年北斗旗全日本空道体力別選手権九州·沖縄地区予選 第50回 大道塾九州·沖縄地区交流試合レポート

広島中央支部 村上 智章

 

3月11日、太宰府とびうめアリーナにて、2018年北斗旗全日本空道体力別選手権ならびに第50回大道塾九州·沖縄地区交流試合が開催された。第50回という節目を迎えた今大会、U9からシニアに至る最年少7歳、最年長49歳、総勢59名の選手が集い、覇を競う生涯武道の大会となった。

各クラス、迫力ある戦いが繰り広げられたが(特にU16の戦いなど、一般部の試合に勝るとも劣らない好試合がみられた)、ここは大会の本丸、北斗旗予選の試合を紹介したい。

今回予選は、古豪、中堅、若手入り乱れての組み合わせ、第一試合は昨年秋の大会で鮮烈なデビューを果たした俵屋とアジア大会代表野崎、キックを素地とする俵屋の打撃を警戒、野崎が組技から寝技、逆十字を狙う展開。俵屋、マウントパンチからの逆十字を一回はしのいだが、二回目のグラウンドで野崎、腕ひしぎを極め、一本.執念の勝利。

次は歴戦の古豪、小田と若手の張迫、ガンガンパンチを繰り出す小田に張迫もパンチ、膝で応戦、打撃では小田優位に見えたが、組技からグラウンドの展開では張迫、常に上をとる。が、最初のグラウンド、マウントを取ったはいいが、顔面に直接パンチ、これは反則。これに小田エキサイトしたか組んでの打撃、頭突き、張迫も応戦、大会屈指の熱戦となった。マスクをつかんでの反則もあったが、小田、黒帯の意地をみせて勝利。

野崎対張迫、野崎のフェイントをからめたストレートがヒット、効果。これに張迫、膝を打ち返して組んでの打ち合い、グラウンドも目まぐるしい展開、気の抜けない戦いとなった。試合巧者野崎がポイントをしっかりとって勝利。

次は軽量級俵屋と重量級藤田,体力差30。俵屋速いロー、腰の入ったパンチで果敢に攻めるが藤田も応戦、組んでから倒してマウントパンチで効果、続いての腕十字はしのいだが、俵屋、効果ポイントを取り返せず、藤田勝利。

藤田対小田、これも体力差20。体格で勝る藤田が小田に覆い被さるような展開。小田の闘志衰えず、果敢に打ち合いを挑むも、藤田、ローで崩してニーオンザベリーからのパンチで効果、寝技の展開の中で再び効果をとって勝利、野崎との決勝へ。

野崎対藤田、これも体力差30あるが野崎臆せず、後ろ回し、踵落としと攻める。藤田、捕まえて料理しようとするが組んでからもつれてグラウンド、一瞬の隙をついて野崎、ニーオンザベリーからパンチで効果。ポイントを取りかえそうと藤田前に出るが野崎、距離をとりつつ後ろ蹴り、パンチで反撃、グラウンドでも下からの打撃で積極的に応戦、文句なしの勝利、優勝。本大会、野崎の試合運びの巧さが光った。

壮、青、少それぞれの世代が各々精一杯頑張った、見ごたえのある試合が続いた大会であったと思う。この流れを大事に選手諸君には今後いっそうの精進を期待したい。

押忍、よろしくお願いします。