2018.11.07   ギリシャ遠征レポート 盛岡支部長 狐崎一彦

「ギリシャ海外セミナー・審査会」に同行して

大道塾盛岡支部長 狐崎 一彦

 この度、東塾長か海外セミナーのご依頼をいただき、ギリシャ近郊にあるコリントス地区の静かな街に同行させていただきました。東塾長を筆頭に、神山支部長 飛永支部長 渡部(慎)支部長 小松支部長 山田(壮)指導員、そして自分、計7名が参加しました。10月12日成田空港を出発、途中、モスクワ(9時間)を経由し、アテネ(5時間)まで飛行機で移動、その後、車で(1.5時間)目的地までの長時間に亘る旅となりました。宿泊先に到着したのが真夜中の午前0時を過ぎ、その日就寝したのが午前4時頃でした。翌日13日一行は、長旅の疲れもみせず、午前中と午後に分けて空道の基本、移動稽古を指導、14日午前中は前日の内容を踏襲指導し、午後から約30名を対象に審査を実施いたしました。参加者は、総勢150名~180名に及び、伝統派空手の団体に所属する方が多くみられ、我々の空道に寄せる関心が高かったのか、その期待に応えるべく、東塾長の熱心な指導が印象的でした。伝統派の独特な構えから、どっしりと腰を落とし、その構えから直突きを打ち下ろす技と空道の基本的組手スタンス、いわゆるボクシングスタイルによる多種多彩なコンビネーションの技の違いがはっきりとわかり、参加者一同、やや戸惑いがあったと思われますが、真剣な表情で「技を覚えたい」というが前向きな努力が見られました。

東塾長自らの指導・・・・・。(元気です)

本セミナーのなかに、長年ギリシャに住み、伝統空手の普及指導をしている宇戸真美さんという女性がいらっしゃいました。聞けば、このギリシャに約30年住み慣れ親しみ、空手の指導や翻訳、通訳などしながら生計を営んでいる様子でした。我々からすれば、日本の女性に異国の地で出会えたことは、心強い安心感を覚えました。特に、参加者に対して我々が指導を行うために通訳で解説していただくなどよりコミュニケーションを図ることができたことは大変感謝致しました。

日本人女性 宇戸真美さんが通訳
空道のルール等説明

本セミナーのなかで、空道ルールの特徴的な技の披露や主な効果、有効技、違反行為等について、塾長が詳細に説明を行いました。今回は、地元地域の方、海外からの参加も有り、また、フルコン系の流派(団体)の参加者がみられ、受講者の多くは伝統派の参加者に占められました。この2日間のセミナー受講だけで、技を習得することは不十分であると感じましたが、最終日の午後から約30名による昇段審査を受験するとあって、我々が各自組み合わせを任され、そのグループを各自ひとりで担当するという塾長命令がありました。自分は、50代60代の参加者を担当し総当たりによる組手審査を実施しました。(老眼鏡ょ持ってこないため、名簿が読みづらくて・・・泣)組手審査を進行し、その判定を内容として書き留める。審査受験者の名簿が配布され、名前を呼ぶが発音が違うためなかなか返事がない、呼んでも来ない、当日審査を急に受けたい、名簿が違っている・・・と様々でした。(驚) 途中宇戸さんが、流暢な発音で通訳していただき大変助かったことを覚えています。「始め」 「続行」 「止め」という普段我々が使っている言葉が理解できず、試合途中に止めてしまうことも度々あり、本人たちもある意味戸惑いが見られました。やはり、伝統派の受験者は、パンチ、キックの出し方が普段慣れ親しんでいる技を出してしまったり、いまひとつ不足する部分が見られましたがこれも仕方ないと感じたものです。組手試合もライトコンタクトが目立ちました。我々が集中的に指導したわけですが、今回の指導のなかで、十分うまくなるとは思いませんが、基本的な突きと蹴りを十分理解し、早く上達できるよう努力に期待したいものです。色々な諸事情もあるだろうし、すべての参加者とは言わないが、海外ではこれで成り立っているようにも伺えました。いつもながら、大きな体型の方もみられ、あのパワーや技が身につけば、相当な威力を発揮できるはず、日本選手にとっては、驚異的にも思えました。

セミナー参加者一同による記念撮影

ここで、自分なりにセミナー開催について所感を述べてみたい。外人勢の稽古内容は、やはり基本技は雑ではあったが、相変わらず体型が大きいことが目立った。やはりパワフル感や迫力を感じる。「空道母国」日本人の指導員として、海外の支部生を指導したわけであるが、我々も常に研究や勉強熱を怠らず、いつでも技術について研究を重ねると共に、模範となる指導が必要であると再認識した。どの国の外人も、武道に対する気持ちがまっすぐであり同時に、憧憬が深いことはいまさら言うべきことでないが立派であると思った。

自分が写る場面が少ない。が今回は特別・・・・
ホテルにあるプールにて、まだ泳げる季節だと。夜は肌寒い

こうして、海外セミナーは無事、滞りなく全行程終了することができました。短い期間ではありましたがとても刺激を受け、大変良い機会を与えていただきました。同行した支部長には、情報、意見交換できたことも大きな収穫ででした。東塾長自らが、先頭に立ち、海外に在住する空道の道を志す異国の大道塾生に、考え方を正しく伝え空道を発展させる1つの手段でありその関係者のひとりに慣れたことがとしてうれしく自分なりの励みにもなりました。

この度のセミナー開催は、空道の新しいページにしっかりと刻み込まれたものに違いない。併せて、ギリシャ支部を率いるジョージ支部長の今後ますますの活躍に期待も高まります。 この度のセミナー開催について、東塾長に、特に心から感謝申し上げます。来る11月末から開催される第5回目となる世界大会の成功に関係者のひとりとして、従事していきたいと心を新たにしております。魅力たっぷりのギリシャ海外セミナー・・・・万歳。

押忍

ジョージ氏と奥様・・・特に奥様には、移動中ベンツに同乗させていただきましたが車内のミュージック音が高音・・参った笑。ちなみに、参加者全員(塾長除く)体験済み

 

2018.11.05   ギリシャ遠征レポート 日進・長久手支部 支部長 神山信彦

ギリシャ遠征レポート

10月12~16日の日程にてギリシャ遠征に同行させて頂きました。

塾長を含め7名(狐崎、飛永、渡辺、小松、山田各支部長と神山)のメンバーにての今回のギリシャ遠征セミナーに参加させて頂きました。

ギリシャのジョジ新支部長のプロフィールなど、塾長が詳しく説明して頂きましたので自分からの空道 大道塾加盟の説明は省きます。

ギリシャセミナーの感想ですが、他流派は勿論、今回加盟した各道場の責任者、黒帯、一般道場生の方々、約150名がセミナーに参加しました。

空道は初めての経験、従来行ってきた流派の動きの癖が随所に現れていました。色々な国のセミナーに参加させて頂きましたが、多種多様のスタイルと流派があります。

いつも感じて心することは、我々は先々の国々で空道 大道塾の種まきをする。

我々が帰国後は、それぞれの国々が日々の稽古を通して、我々がまいてきた空道の種に水与え芽を育て、それぞれの国の特徴が生きた花(空道スタイル)が咲けば良いと思います。しかし、基本(基本や移動稽古)は同じです。その上で、それぞれの国の特徴を生かした空道スタイルで良いと思います。我々はそのきっかけ作りに色々な国々へ出向き種まきをしているとの思いで海外遠征セミナーに参加させて頂いております。

今回もギリシャセミナーで空道の種をまいてきました。将来どんな芽が出て花が咲くのか大いに期待したいところです。

海外でのセミナーは体の大きな我々が、何十時間も掛けての飛行機移動をします。大変な事も多々ありますが、空道の普及だけではなく、見聞が広がりとても良い経験、勉強をさせて頂けます。今後の指導や自分自身の稽古につながります。

東先生、同行させて頂きありがとうございました。また同行させて頂きました各支部長のみなさん大変お世話になりました。

今後も空道 大道塾発展の為に尽力していきます。

ありがとうございました。

日進・長久手支部 支部長 神山信彦

2018.11.05   ギリシャ遠征レポート 秋田支部長 小松洋之

2018.11.04
ギリシャ遠征報告
秋田支部長 小松 洋之

押忍

10/12~16、ギリシャでの昇段審査会及びセミナーに指導員として随行させて頂きましたので、ご報告致します。

【ギリシャ共和国について】
ギリシャの基礎データを以下に示す。
・面積 : 約132万平方km(日本の約1/3)
・人口 : 約1,080万人強(日本の1/10弱)
・首都 : アテネ(人口約300万人)
・在留邦人 : 293人
私たちの地域がようやく稲作を始め、地域的政治集団を徐々に形成していった紀元前数百年頃、当該地域では既に民主主義の下、都市国家を運営している。格闘技では、ご存知の通り、打撃と組技を体系化した古代パンクチオンを生み出した偉大な国である。古代パンクラチオンはBC6世紀には競技として確立されており、打撃の練習方法は、「ピリクス」と呼ばれる「型」にも似た反復練習であったともいわれている。近年では、2004年のアテネ五輪、柔道81kg級と90kg級で金メダルを獲得している武道大国でもある。
空道への参加は遅くはなく、2005年の第2回世界大会から選手を送り出している。私は同大会の重量級第1回戦でギリシャ代表のコンスタンティン・ガリウス選手と対戦させて頂いた。たった3分というかくも短く長い瞬間に拳を交えた彼の国の空道の発展に寄与したい、という事が、今回の遠征の参加希望理由であった。

【セミナーについて】
2日間を使用し、同じ受講者へ3回の稽古をした後に昇段・級審査を行った。その為、参加者の顔と志向・嗜好・その時点での実力を適宜把握しながらセミナーを進めることが出来たと考えている。稽古全般、私は、大きく且つ揃った気合を出させ、常に美しい整列を保たせる、という基本中の基本を五月蠅く注意して回る役割をさせて頂いた。
クラス別の講習では、立ち組・投げを担当させて頂いた。受け身や八方の崩しなどの基礎的な事から始め、全員が簡単な連絡技を使える、というところまでを行った。更に能力のある者には投げからの極めや腕十字の指導を行った。毎度の海外指導と同じく、ある程度の修練を積んだ他競技有段者は、皆、基礎の反復の意味を深く理解している為、熱心に行ってもらうことが出来た。一方、この度は、武道や格闘技の経験の浅い若者も多く、彼らの集中力の維持には特に配慮を行った。対策として、肘・膝・頭突を使用し、八方の崩しに、上下の崩しも加えた講習も行った。掴み打撃を持つ空道は、肘・膝・頭突き等の打撃を投げの崩しに使用することにより、八方の崩しを、十六方向にも二十四方向にも展開させる事が可能となる。生意気盛りの若者たちの目の輝きが、その都度増していくことを確認しながら稽古指導する事は、元来教え好きの私にとって、この上もない喜びである。
おかげ様で、現地滞在中は、睡眠と食事と稽古を延々と繰り返す、という夢の様な時間を送ることが出来た。

【昇段審査について】
この国で初めての大規模昇段審査であったため、参加者の技術レベルや覚悟の量にそれなりの差があったことはいた仕方ないと考えている。大半が伝統派空手からの転向組なので、拳を打ち抜く事や蹴りを振り抜く事、仲間の顔面を強打することに戸惑いがあったように見えた。しかしながら、中には数名、組み手の中で自らの補正を成し遂げた者もおり、今後、ある程度の時間をかけて、反復稽古と思考の変換を行えば、皆、適宜、各々の経験を空道に変換出来るだろう。
私たち随行員は、審査の審判を行うのみで、黒帯取得の是非を判断する権限は付与されていなかった為、審査の結果は知らぬところではあるが、昇段を許された者には、ギリシャ空道を担うものとしての責任を果たし、活躍してもらえれば、その昇段を裁いたものとしてこの上ない喜びであると感じている。

【ギリシャ支部の人々について】
私たち日本と同じく、非常に古い歴史を持ち、すべてのものに心が宿っていると考えるギリシャの方々は、同時に、強烈な地元愛に満ちた人々でもあった。ホテルと道場の移動時は、常に哀愁をおびた大音量のギリシャ音楽と美しいエーゲ海があり、この国が、この地域が如何に美しいのかをずっと力説してくれた。強烈な地元愛は歓迎会でも強く表現されていて、全ての面々が、笑顔で乾杯を繰り返す、まさに大道塾・空道的世界が広がっていた。そういう世界を見せられれば、私も居ても立っても居られない。自ら率先して、ヤマジ(ギリシャ語で乾杯)の元立ちを志願した事は言うまでもない。いつも通り、この遠征でも、とても大きな夜を持たせて頂いた。

【日本からの派遣団について】
塾長へ随行するは、飛永北海道地区運営委員長、狐崎東北地区運営委員長、渡辺関東地区運営委員長、神山中部地区運営委員長、の4地区の運営委員長、そして、全日本王者の実績を持つ山田(住友電工同好会)責任者。この度もまた、非常に濃密な修行の旅となった。
4地区運営委員長方から勉強させて頂いた多くのことに感謝する事は勿論であるが、この度の遠征で最も印象に残っている事は、「元気印」の山田君の存在である。一企業人として緻密なISOに携わりながら、情熱的かつ真摯に空道の修行に身を捧げる姿は、その名の示す通り、壮快であり、まさに社会体育を実践しようとしている若者の姿であった。海外セミナーの随行員に、若く強い意志を持つ者が自ら率先して加わる事は、大道塾空道にとって喜ばしいことである。

【まとめ】
欧州スポーツ界の重鎮であるジョージ支部長が、この度、大道塾・空道を選択した事は、非常に重要なマイルストーンとして、永く大道塾・空道の歴史に残るであろう。その記念すべき行事に随行させて頂いたことは、空道家としてこの上ない誇りである。同時に、種を蒔いた者の責任と義務を強く感じるものである。今後も同国の空道の発展に、微力ながら寄与したいと考えている次第である。

【謝辞】
この度もこのような機会を与えて下さった塾長と奥様先生、大道塾・空道にお礼申し上げます。
同行中、様々な気付きや反省を与えて下さった、渡辺関東運営委員長をはじめとする4地区の運営委員長方に感謝致します。あらたに「こういう場の面子」に加わってくれた山田君には、感謝のみならず祝福を送ります。また、このような状態の私を快く送り出してくれた秋田支部の仲間には、お詫びを含め心からのお礼をします。
私たちを招聘してくれたジョージ支部長、ずっと傍で通訳をして下さった宇戸さん、そしてギリシャ支部各位にお礼致します。
最後に、ギリシャ空道の発展のため、自ら進んで同国へ残ってくれた、山田君と私の二つのNHGには万感の思いを込めて感謝を送ります。今まで、私たちの頭部を護ってくれてありがとう。次にどこかで会う日まで、ギリシャ空道をよろしく頼みます。

押忍

2018.10.24   ギリシャ遠征レポート 住友電工空道同好会 責任者 山田壮

始めに。

7月下旬。
塾長から一通のメールをいただきました。
「10月にギリシャで指導・審査をやるんだが、お前行けないか?」
すぐ様仕事の調整をつけ、いざギリシャへ!と相成りました。

ここで、業務の都合をつけるにあたって協力いただいた会社の同僚の皆様、留守を守ってくれた家族、そして快く送り出してくださった道場生一同に感謝御礼を申し上げます。

塾長から「外国育ちの国際派空道家」といわれている私ですが、マレーシア出身、台湾育ちで、実はヨーロッパへ行くのは初めてです。

英語がどれだけ通じるのか、ギリシャ語をちゃんと勉強すべきなんだろうかと不安になっているうちにあっという間に遠征の日となりました。

10月12日(金)

朝10時に成田空港に集合してチケットを配られ、12時15分の便でいざギリシャへ。
ギリシャ到着時間は現地時間の22時45分。時差が6時間あるので、16時間30分の長旅です。
9時間半のフライトを経て無事第1目的地のモスクワに到着しました。私は(空道家として恥ずかしいことに)初めてのロシア上陸となりました。
トランジットで(全然読めない)メニューを見ながら前祝いをして、いよいよギリシャへと向かいます。

英語で併記しているのと写真付きなのでわからない事はないです。

飛行機に乗ると長旅の疲れかウトウトと・・・ふと気が付くと、まだ飛行機は出発していません。
「あれ、寝てなかったのかな?」
と時計を見ると出発時刻を1時間ほど過ぎていました。
するとアナウンスで
「マシントラブルが発見されたので1度降りてください」
との事。
ぞろぞろと降りて、今度はロビーで1時間待ち!
日本なら2、3分の電車の遅延で大問題となるところですが、ここはロシア。
むしろ皆で
「飛行中にトラブルが発生しなくてよかった」
と安堵するのでした。

結局アテネに到着したのは25時を過ぎた頃でした。
今回のギリシャの責任者であるジョージ氏と合流し、そこから80㎞先のホテルを目指します。
80㎞もの距離なのに、車で1時間足らず。
大阪なら80㎞といえば2時間は必要なのですが…ジョージの高速運転のおかげで早々に到着することができました。

10月13日(土)

さて、翌日8時に集合して朝ごはん。
ホテルの朝食は日本と同じくバイキングなのですが、とにかく量が多く、味も最高でした。
特に野菜、果物の味がしっかりしており、ここでがっつりと栄養を補給します。

一息ついて10時からまずはセミナーです。

セミナーの前の集合写真。車で10分ほどのところなので、道着で向かいます。

準備運動、基本稽古、そして3組に別れて移動・投げ・寝技を行いました。
元々伝統派空手の経験者が多いだけに足は高く上がり、突き蹴りの切れ味も悪くはないのですが・・・ガードが大きく下がる、一発一発突き出した状態で(ガードに戻らず)静止する、と言った、他流経験者にありがちな問題点も散見されました。
しかし一番の問題点は何より私…これまでの遠征は選手として参加、指導は二の次で来たところに塾長から
「準備体操、基本は壮、お前がやれ」
の指示に久しぶりの英語での指導も相まってドタバタになってしまいました。

稽古前の1シーン。空手の黒帯が多く、柔軟性等はとても高いものがありました。

諸先輩にご協力いただいて何とか指導を終え、お昼を食べて遠征の大ベテラン小松支部長に相談し・・・
昼からの指導を改めて挑戦です!
午後は午前中の復習+移動、投げ、寝技と受け返しで、私は基本の後、神山支部長と受け返しの指導を行いました。
インドでの指導を思い出すに、ポイント制の競技の経験者は「受けて返す」と「連続攻撃」が苦手な場合が多く、今回もその例にもれずに受け返しのニュアンスがあまり伝わりませんでした。
そこで、大ベテランの神山支部長にご協力いただき、受け方や返し方を丁寧に指導させていただきました。
神山支部長の受け、体裁きは失礼ながら60前とは思えない正確かつ迅速なもので、後に帰路でも言われた通り、空道の基本・移動をやりこむ事の重要性を改めて認識させられました。

ちなみに塾長の私の指導への評価は

「ましになったな(笑)」

でした。

17時半に指導を終えるといったんホテルに戻ってシャワー・着替え、その後は会食です。
本日のセミナーに参加された生徒とジョージ夫妻との交流パーティーとなりました。
ギリシャは日本と違って「まずは生!」ではなく、最初からワインで乾杯。
空道のセミナーの「必修科目」である飲みニケーションで交流を深めました。

10月14日(日)

審査前の記念撮影。青い道着を着ているのがGeorge氏

 

朝起きてたっぷりの朝食をいただいたら、本日は午前中が基本・移動・投げ・寝技の審査・指導午後が組手審査です。
1日経って、皆の基礎を見ると・・・ある程度形にはなっているけれど、まだまだ日本の黒帯には及ばないレベルでした。これからの修練に期待したいところです。
午前の指導を終えると、日本の中学・高校生くらいの子達に指導を求められました。
「私はこうやって受けるけど、これであってる?」
「どうしてこうやって打つの?」
と少年部クラスの子達が細かに空道の技術を学ぼうとする姿勢は非常に頼もしく、彼らが20代になった暁にはギリシャが空道大国になる日が来るのでは…?と期待に胸を躍らせました。

ちなみに塾長の私の指導への評価は

「3回目だからか、前回、前々回よりはましになったな(笑)」

組手については伝統派の癖が抜けきらず、どうしても打撃を打ち抜けない受験者が多くみられました。
しかし思い切り打ち抜けた受験者については、下地もあるため、強烈な打撃となり、一部負傷された方も見られました。

何れにしても高い身長にばねの効く身体は、今後ヨーロッパでギリシャチームが脅威となる可能性を十分に感じさせるものでした。
また、選手以外でも50代、中には病気を押して挑戦する60代の受験者もおり、生涯武道として空道を学ぶ姿勢が見て取れました。

多くの受験者が当日中のフライトで帰ってしまったため、恒例のさよならパーティーはジョージ夫妻とのささやかなものになりました。

いつものホテルのレストランで乾杯をして、その後はウィスキーバーでもう一回の乾杯。
日本ならこの後カラオケ、ラーメンと続くのですが、残念ながらギリシャの夜は早く、大道塾では異例の日が変わる前の解散となりました。

10月15(月)

早朝迎えに来てくれたGeorge支部長に連れられて、空港に向かう途中、300の舞台にもなった有名なコリントス運河に寄りました。

バンジージャンプもできるこの運河、高さ約30m(小松支部長調べ)。2年後のワールドカップをギリシャで行いたいというGeorge氏に、塾長は
「負けたやつはここからバンジージャンプだな(笑)」
との事でした。

総括

今回のギリシャだけではなく、世界各国の武道家、格闘家からの「空道を学びたい!大道塾を学びたい!」というオファーが多数あります。
実際道場にも、海外から来られ、短期・長期問わず、入門して稽古を重ねる方々が多くいらっしゃいます。
今回ギリシャの受講者に理由を聞くと礼節を重んじ、生き方にもつながる武道の中で、特に実戦的で現代の総合格闘技に対抗できる実力があるからだ、という回答をいただきました。
共すれば形骸化しがちな武道でありながら、空道は他流と切磋琢磨し、実戦で磨かれた戦闘力を持ちながら、武道の最も大切な人格形成の道を持っている貴重な武道であるところが、世界に広まりつつある理由なのではないでしょうか。
今回、4度目にして初めて、選手としてではなく指導者としてセミナーに参加させていただき、教える事よりもむしろ教えられる事が多い5日間となりました。
「できる事と教えられる事は違う」
「肝心要の事を伝える難しさ」
「英語で柔軟体操を教える大変さ」
「ギリシャでも女性の方が男性より強い」
以上の反省と自分への備忘録をもって、今回の遠征レポートを終わらせていただきます。
東塾長はじめ、狐崎支部長、神山支部長、飛永支部長、渡邊支部長、小松支部長、大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

押忍

住友電工空道同好会  責任者 山田 壮