2019.09.27   「全日本空道ジュニア選手権九州・中四国予選/第53回 大道塾 九州・沖縄・中四国地区交流試合」レポート

2019年9月16日、新元号「令和」ゆかりの地大宰府にて、改元後初の九州・沖縄・中四国地区大会がジュニア42名、シニア4名の総勢46名の選手の参加を得て開催された。

本部席より全試合を見ての感想。小学校1・2年から、打撃からの投げ、投げからの極めなど、空道らしい戦いが見られた。それと今回は接戦が多かった。ジュニアは基本的に延長なしの本戦決着が多いが、今回は審判泣かせの接戦が多くみられ、手元の記録メモを見ると、49試合のうち実に9試合が延長となっている。それも、効果優勢で勝利かと思われた終盤に効果を取り返されて延長へ、逆転といった展開など、実力の拮抗した、目の離せない試合が目立った。近年、ジュニア出身選手の活躍が顕著だが、本大会でもU16(戦ったのは14才同士)の試合など見ていると一般部に負けない力強さと空道らしいテクニック、11月9日の全日本空道ジュニア選手権、さらなる成長が楽しみな内容だった。

大会半ば、15試合目が終わったところで(15試合目U13クラスの戦いも、つかみからの打撃、キックをキャッチされてからの展開、タックルと空道らしい戦い。)、「朝倉杖道会」(大道塾朝倉支部道場でも週1回稽古)の野口先生、井上先生による杖道の演武。杖道は大宰府、朝倉の地に縁の深い神道夢想流杖術を起源とし、国内外に広く活動している武道、朝倉支部の小川責任者も学ぶところがあるという。空道をやっていると、空手道・柔道・剣道・古武術を問わず、伝統的な型稽古の意味、応用可能性にハッと気づくことがある。打・投・極の着衣格闘技としての空道は、古きをたずね、新たな何かを見出す、いわゆる「温故知新」の実践という意味においても「21世紀の新しい武道」、「多様性と可能性の武道」であり得る。格闘という人間の営みについて、伝統的な身体文化に敬意を払い学ぶこと、要は活かせるものは活かし、使えるものは使うことによって、その継承と発展とを目指すことは空道にとって、さらには日本武道にとって大きな意義がある。杖道の演武、本部席から体さばき、足さばきとじっくりみさせていただきました。先生方には素晴らしい演武ありがとうございました。

杖道の演武のあとはシニアクラスの戦い、鋭い衝撃音のストレートで効果をとるなど迫力ある試合が続いた。人生100年時代、本大会でもシニアクラスの試合が定着したことは、生涯武道としての空道として、大きな意義がある。ジュニア、シニアとも大過なく試合終了、一人一人が最後まで全力を尽くした大会だった。

今回、有力選手が諸事情により出場できず、予選参加者がゼロであったことは残念だが、将来性を期待させるジュニア、シニアの活躍が見られ、令和の始まりにふさわしい大会、大会では、「2025年青森国体公開競技決定」を知らせる垂れ幕も飾られており、大道塾空道が未来に向かって、令和ゆかりの地で第1歩を記す大会であった。

広島中央支部  責任者 村上智章

 

2019.09.26   「2019 北斗旗 全日本空道無差別選手権東北予選/第57回 大道塾東北地区交流試合」レポート

9月8日に行われた東北予選のレポートをさせて頂きます。

 

今回は予選、交流試合とも参加者が少ない大会ではありましたが、

上位の選手は全日本でも活躍が期待できる良い試合であったと感じました。

 

全日本予選の部

3人総当たりの4ブロックを勝ち上がったのは、

木町支部の三浦、仙台東の伊東、秋田の伊藤、多賀城の目黒の4選手。

木町の三浦は当初、勝ち星に恵まれなかったが、今回はジュニア育ちの勢いで相手を上回りベスト4進出。

対する伊東は春の体力別で準優勝した勢いそのまま、2試合とも相手を圧倒しベスト4進出。

伊東、三浦の準決勝は、三浦の勢いを上回る伊東のパワーと技術でボディーへの攻撃で一本勝ち、貫禄を見せつけ、伊東が決勝進出。

逆ブロック、まずは秋田の伊藤。

昨年の交流試合でも帯上相手に、寝技を上手く使い勝ち星を重ねた選手だが、

今回は春にシニアで全日本を優勝した佐川に一本勝ち、もう1試合も

春の体力別最重量級で優勝した奈良から、寝技で効果を取り優勢勝ち。

番狂わせを起こし準決勝進出。

対する目黒は永戸、金子との打ち合いを制し準決勝進出するが、金子戦で指を負傷し、準決勝棄権、伊藤が不戦勝で決勝進出。

決勝は仙台東の伊東と秋田の伊藤。

伊東の経験、技術が相手を上回り、効果1を取り優勝。

伊藤、三浦の勢いが大会を盛り上げたが、伊東駿が全日本常連の強さを見せつける結果となった。

 

女子の部は多賀城の今野と石巻の末永の2試合戦。

2試合同じ相手と試合をする、やりにくさが両方あったと思うが、打撃から投げ、寝技への移行が上手くハマり、2試合とも効果を奪い、今野が勝利。

 

一般交流試合は仙台東、高橋が的確に打撃を当て、優勝。

シニア−200は全日本チャンプの仙台中央、佐藤順が貫禄のV。

シニア200+は盛岡、及川が最高齢の61歳ながら優勝と

予選も含め過去の大会で優勝経験のある選手が今回も優勝、

周りとの差が少し開いていると感じました。

また、塾長も講評で仰っていたように、選手の努力を報いる為にも、

審判のレベル向上が今後の課題であると大会を通じて感じました。

 

多賀城支部 支部長 中川博之

2019.09.24   第48回大道塾北海道地区交流大会/北斗旗全日本空道無差別選手権北海道地区予選レポート

このたび開催されました「2019北斗旗全日本空道無差別選手権北海道地区予選及び第48回大道塾北海道地区交流大会」についてご報告させて頂きます。

また、大会を開催するにあたってご協力頂いた関係者の皆様には深く御礼申し上げます。

 

本大会はジュニア交流試合(1部)。そして北斗旗予選、一般シニア交流試合(2部)の2部制で行われた。

ジュニア交流試合では今年名古屋で開催される全日本大会に出場する選手(また選考中の選手)が多く出場し、非常にレベルの高い試合が多く見られた。

特にU16(16歳未満)のカテゴリーでは寝技の攻防に高度なテクニックが見られるなど、今後の日本を背負って立つ空道ジュニアの進化を感じさせた。

 

一般シニア交流試合ワンマッチの部では本大会最年長50歳の田口治(札幌南)とMMA等の経験を持つ石川将隆(札幌西)が各試合で勝利。

一般シニア交流試合軽量の部ではジュニアから特別出場した佐々木豊樹(帯広)が見事優勝。まだ線の細さと動きの荒さはあるものの試合中に周囲に感じさせるガッツは近年のジュニアの選手には珍しいように思える。

北斗旗予選では今年春に行われた体力別予選において250以下優勝のキムジュンラク(札幌西)と240以下優勝の小野寺稜太(帯広)が決勝を争った。互いにパンチで効果を取り合う熱戦となり延長戦へ。互いに体力を削り合う中、後半に試合を優位にすすめた小野寺が見事判定勝利となった。

札幌南支部   支部長 田中俊輔

2019.09.10   第11回新潟県選抜空道選手権大会レポート

関連記事:大会結果

長岡支部  支部長 遠藤 英

 

新潟県選抜空道選手権大会のレポートをさせていただきます。

9月8日(日)、会場は長岡市民体育館。前回4月の長岡大会よりも選手のレベルが上がっていることが実感できた大会であった。

U9は、離れて突き蹴り、組み付いて膝蹴りと全選手バランスの取れている戦いであった。決勝は、両者一歩も譲らず休みなく突き・蹴り・膝蹴りを繰り出して引き分けから延長戦へ。延長に入ってからも本戦同様譲らず技を出し続け、すばらしい試合であった。判定4-1で藤代 天選手が優勝した。

U11男子(180未満)は、突き蹴りのパワーで勝負する柳選手と切れのあるハイキックと首相撲を武器に勝ち上がってきた藤代 秦選手が決勝を争った。スピードある力強いハイキックを駆使した柳選手が優勝した。

U11男子(40kg以上、180以上)は、重い突き蹴りで勝負する選手の中、効果的に蹴りを繰り出した高山選手が優勝した。

U11女子は、はっきりとした形で勝ち上がってきた伊関選手と辛くも勝ち上がってきた長谷川選手の間で争われた。決勝では離れては重いキック、組み付いては膝蹴りを効果的に決めた長谷川選手が優勝。

U16は、ワンマッチで同じ組み合わせを2試合した。長谷川選手は、格上の佐々木選手に挑んだが打撃の的確さと寝技に穴のない佐々木選手が効果・有効とポイントを取り2試合とも勝利した。

U19は、序盤に米山選手が鋭い打撃で圧倒するも柔道・レスリングで鍛えた腕力で思い切りのよいパンチを極め、宮沢選手が初戦勝利。2試合目は遠藤選手が打撃で優勢に試合を運ぶも寝技時間が終わったと勘違いしたところに裸締めが決まり一本。3試合目は、遠藤選手がやや優勢に試合を進めたが引き分け延長へ。本戦の警告が響きそのまま米山選手が勝利。

シニアワンマッチも同じ組み合わせを2試合した。試合は、度々清水選手のカウンターストレートが入ったがタイミングのよい投げでペースをつかみ1試合目は3-2という微差であったが2試合目は、寝技からのマウントパンチで効果を取得した蒲澤選手が勝利者となった。

先に述べたように、選手のレベルが前回大会より確実に上がっているのがはっきりと見て取れました。

最後に、スタッフ・役員様のおかげで無事大会を終えることができました。選手・ご父兄様におきましては大変お疲れ様でした。

左から松林義一教育長(おいらせ町)、木村賢一・下田タウン(株)社長、齊藤直飛人会長(県議会議員・元関脇 追風海)